読書感想文/タッチタイピング

つる「あ…い…う…え…お…、あ…い…う…、どわっ!まつがえた~!」

担当編集者「うるさいなあ。集中できないじゃないですか。その独り言なんなんですか」

つる「ブラインドタッチの練習だよ」

担当「はあ?それいうならタッチタイピング」

つる「あ、そういうんだ」

担当「いまさら練習ですか」

つる「だってさ~、できないと困るんだもの。今の部署」

担当「部署て?あ~副業のほうの会社の?」

つる「そうそう。本業はあくまで作家だから」

担当「異動があったんでしたっけ?」

つる「うん」

担当「それって左遷?」

つる「ジョブローテーションて言え」









ごぶさたしてます。
2月に異動があってバタバタです。
新しいことを覚えるのって大変。
新しいことに慣れるのって大変。
てか自分のスキルの無さに大変。

そんなわけで
もうしばらくお休みします。
でもリンク先には顔をだします。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2010年03月20日 21:26
お久しぶりです。
そんな事情があったんですね。お仕事(副業のほう)、がんばってください!
ia.
2010年03月20日 22:55
お久しぶりです。
パソコンが故障してしまってしばらく訪問できなかったのですが、つるさんもブログを更新されていないようなので心配していました。
ご無事でホッとしています♪

ブラインドタッチ(タッチタイピングっていうんですか?)私も出来ないんですよ~(^^;
パソコン初心者より中途半端な癖がついているほうが矯正しづらいんですよね。
私もこれを機に練習しようかなぁ。

左遷(ジョブローテーション?)は大変だと思いますが、新しい出会いや発見もあると思いますので、できるだけ楽しんで頑張ってくださいね。
つる
2010年03月20日 23:37
たろすけ(すけピン)
お久しぶりで恐縮です。
物忘れに加速度がついちゃって、
昨日教わったことでも平気で又聞くという…
家でもマニュアルを読んだりするので、
余裕がなかったんです。

合間をみながらぼちぼち
お邪魔しに伺います。
つる
2010年03月21日 00:03
ia.さん
まあ!ia.さんもそんなことが!
修理は済んだのですか?

じつはわたしもPCが不調。前と同じ接触不良よ。
ノートパソコンなんですが、ふとした拍子に映らなくなるから、一定の角度に開けたままです。
たためないノートって、どうなの。

>タッチタイピング
そうそう、へんな癖ついてるから大変。yとかbとか、「その指でかよ!」みたいなことになってます。

でも楽しい発見もありました。「ざじずぜぞ」の「じ」はziよりjiのほうが、「はひふへほ」の「ふ」はhuよりfuのほうが、早く打てるとかね。

あ、常識だった?でへへ
銀河径一郎
2010年03月29日 23:24
あれ、何度か覗いたのに記事が更新されていることに気づかなかったm(__)m 実は一番上の記事のコメントの数だけチェックしてたから3/20を見逃したために気づかなかった(^^;

ブラインドタッチですか!
殆ど出来ませんが何か ……その前にローマ字でなくてひらがなモードですが何か(笑) 
つる
2010年04月01日 22:42
銀河径一郎さん
更新といっても言い訳の更新になりました。
コメントいただけるだけでもありがたいです。

>ひらがなモード
ひらがな打ちのほうがローマ字打ちより速いですから、それでタッチタイピングできたら最強。
ひらがな打ちの年代は高齢者か小学生。ローマ字を習うのが小学校の高学年だから、就学前にPCをいじりはじめた子供たちがひらがな打ちになるんだそうです。
これから、ひらがな打ちの人が増えるかもね。

記事にしたはいいけど、タッチタイピングの練習は全然はかどっていません。伝え聞くところによると、「特打ち」というソフトを使うとあっちゅうまに身につくそう。
shitsuma
2010年04月03日 23:21
すっかり御無沙汰してしまいました。
ぼくはようやく執筆が一区切りつきました!

つるさんはまだお忙しいようですね。
タッチタイピングですか。
ぼくは学生時代にダブルスクールで専門学校に通って身につけましたけど、
指の使い方はかなりテキトーです(^-^;)
また執筆が山場を迎えると、必ず左手の小指がズキズキ痛み出します。
意外と負担が多いんですよね、小指って・・・。

ともあれお仕事がんばってください!
早く本業に復帰できるといいですね(^皿^)
2010年04月04日 20:08
お久しぶりです!
実は、ボクもキーボードを見ないで打つのが苦手です。
今回のコメントも、タッチタイピングでやってみました。
すごい時間かかるー!

新しいコト、慣れました?
つる
2010年04月07日 23:54
shitsumaさん
執筆お疲れ様でした!
お仕事されながらですから、さぞ大変だったことでしょう。その気力と体力に敬服します。
今のshitsumaさんの気持、晴れ渡った空みたいなんじゃないかしら。

左手の小指ね。ふむふむ。「A」の出番が多いんだ。
わたしは小指が短いから「Z」を打つとき、指が不自然な形になるわ。

本業。ほんと。いつになることやら。
つる
2010年04月08日 00:10
ヴァッキーノさん
ごぶさたしてすみません。

>慣れました?
慣れない慣れない。

タッチタイピングはね。今の部署は、できたほうが良いみたい。なにしろ、話すスピードで打てる人がフツーにいるんですもん。身が縮む思いよ。

毎日30分、タッチタイピングの練習をしようと思うんだけど、試験前の学生みたいに、楽なほうに流れてしまうんだな、これが。
2010年04月11日 01:01
ブラインドタッチは「ブラインド(目隠し)」が目の見えない人への差別表現になるんじゃないか、と、自主的に使われなくなり、今のタッチタイプになったという歴史が。

90年代にあった言葉狩りと自主規制の流れですね。

もともと和製英語なので正しい英語使うようになったとも言えますけど。

できるようになるときは知らないうちにできてます。一日中パソコン使うようになったら、いつの間にか見ないでも打てるようになってました。

たまに小指の動き怪しいときありますが
つる
2010年04月12日 23:47
鯨さん
やっぱね。見ないで打てるって信じてました。あの記事の量ですもん。
ごぶさたしてごめんなさい。

そう。ブラインドが差別表現に繋がるらしいです。だけどそれをタッチタイピングというとピンとこない。でも本来そういうふうに呼ばれてるのなら、それでいいのかもね。

>たまに小指の動き怪しいときありますが
長そうな小指だわ。
2010年05月08日 11:58
僕は親指シフターなんですよ。
生産中止になった専用キーボードを使ってます。
親指シフトが廃れたとき、僕は羽をもがれた蝿になってしまいます。

お仕事、お忙しいでしょうか。
僕は、つるさんのところで楽しかったクリスマス競作企画を真似て、ネットラジオ投稿作品のブログを作りました。
もしよろしければご参加ください。
また皆さんにもぜひ紹介していただけると嬉しいです。
つる
2010年05月12日 00:41
矢菱虎犇さん
>親指シフター
なんか隠れキリシタンみたいな響きがするわ。
それにしても、いろんなタイピング方法があるのね。わたしは動体視力がないから、人の手元を見ても、それがローマ字入力なんだか、ひらがな入力なんだかもわからないわ。

新しいブログを始められたのですね。さっそく皆さんに紹介せねば。

あらっ、いま覗きにいったら、矢菱虎犇さんの投稿作品は、すでに何度か「バカいわシアター」で朗読されてるんですね。素晴らしい!

チャレンジしたいけど、ネットラジオ投稿作品となると、むずかしそうな長さだなあ。

この記事へのトラックバック