ハキダメにつる

アクセスカウンタ

zoom RSS 「障子貼り」後編

<<   作成日時 : 2010/01/25 22:48   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

 次の日のことです。

 前の晩に霧を吹いておいた障子がすっかり乾いていました。

 それを見て、わたしは『勝った』と思っていたおかあさんに『負けた』と思いました。

 なぜなら、わたしの貼ったところは、シワがよったり、糊が剥がれたりしているのに、おかあさんのは全部きれいだったからです。 

 あの敗北宣言はおかあさんの作戦でした。

 障子貼りが面倒なものだから、わたしにその役目を押し付けようという魂胆です。

 あれですっかりいい気分になったわたしは、自ら障子貼りの全部を引き受けてしまいました。

 くやしいのうくやしいのう。

 わたしは勝負に勝ってゲームに負けたと思いました。おわり。どうだった?」

 しばらくの間、おかあさんのスリッパの先が、読み終えた虹子に向けてイラついたように振られました。

「おわったのかしら? 

 それじゃ質問があるわ。わたしたちは、いつバトったんでしょう?

 記憶にございませんが」

「やだなあ。お話だよ。お話。その方がずっと面白いでしょう?」

「お話て、あなたね。作文ていうのはそもそも」

「このバトルシリーズはけっこう評判がいいんだ」

「バトルがシリーズだなんて聞いてないわ」

「聞いてなくてもシリーズなの。

 スイカの早食いとか。あとホットケーキを焼くのとか、そうゴキブリ退治とかも――」

「なんですって。そんな作文、おかあさん、見てないわ。あら、どこ行くの? ちょっと待ちなさい。虹子。虹子ったら!」

 スリッパの裏を見せてトンズラこく虹子を呼ぶおかあさんの耳に、シンク窓のガラス向こうからお豆腐やさんの笛が聞こえてきました。

「あら。いけない。もうこんな時間」

 時計を確かめたおかあさんが、慌ててお出しを取る鍋を火にかけました。

 お湯が沸く間に、おかあさんが置きっぱなしになったダイニングテーブルの作文を手にしました。それにさっと目を通して苦笑です。

「やられた」

 そこには、ありふれた障子貼りの情景が書かれていました。バトルだなんてどこにも書かれていません。

 虹子にかつがれました。

 おかあさんの「おだて作戦」にうっかり乗ってしまった虹子の、

 どうやらせめてもの反抗心だったようです。





――おわり――



「全部で(原稿用紙)5枚あるの」
虹子は言いましたが、5枚もあるかどうか、はなはだ怪しいかんじです。
最後までおつきあいくださりありがとうございました。

今日のBGM:街でのひととき/なおPK




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
バトルシリーズって(笑)
虹子ちゃんの口調が可笑しくて、パソコンの前で大笑いしちゃいましたよ〜!
スイカの早食いやホットケーキやゴキブリ退治の話も聞きたかったです(笑)
最後のオチも良いですね。
「やられた」っていうお母さんの顔が浮かんできて、もう一回笑いました(^^
ia.
2010/01/26 03:07
■ia.さん
さっそくコメントありがとう。
すっごく嬉しかったです。
作文シリーズ、続けちゃおうかしら

わたしね。子供の頃、作文書いてて「うそだなあ」ってよく思いましたよ。嘘というより建前ですね。子供だってそんなのわかってます。だからつまらない。虹子の本当の作文もきっとつまらないものでしょう。
>「やられた」
虹子のように、親の鼻を明かすのがわたしの使命でした。
つる
2010/01/26 22:17
おかあさんの「おだて作戦」と、それに対する虹子のバトル作文読み上げという「勧進帳」作戦(笑)
とても面白くて、楽しい親子だなあ!
思わず笑ってしまいました!
銀河径一郎
2010/01/27 00:41
■銀河径一郎さん
勧進帳作戦か。なるほどね。
笑ってもらえてよかったです。

男の子の子はどうか知らないけれど、
母娘は張り合うものではないかしら。
わたしの話ですが、
息子の運動会に母がお赤飯を持ってきました。
とても好評だったので、次の年は、わたしが作りました。
「真似した」と、ずっとあとまでネチネチ言われました。なんだかそんなのが懐かしいわ。
つる
2010/01/28 00:25
前篇、中篇、後篇と続けて読みました。
障子貼りってエピソードを
こうやって書けるのは、スゴイことですね。
描写が丁寧ですもん。
ボクは、どうしてもザツになっちまうんです。
細かいところに気が利かない性格が文章にも出てしまう。
その点、これはうまいなあ。
特に会話が自然です。
ヴァッキーノ
URL
2010/01/28 21:35
■ヴァッキーノさん
照れました。褒められ慣れてないんです。これは成育歴に問題があります。それでもありがとう。

障子貼りのことは、
ちっさい話しか書けないことと、
こうやって書いておけば、
いつか子供たちがやってくれるかもという算段です。

言い訳めいてますが、
ちょうどそちらに伺うところでした。本当です。
なんというタイミング。
つる
2010/01/28 22:03
お母さんと子どものやりとりが微笑ましいですね〜
僕は数年前に漫画&ドラマの『ぽっかぽか』にハマったことがあるんですけど、なんかあのぽっかぽか感がよみがえりました。ホームドラマ的な身の丈の繊細さとでも言うんでしょうか・・・こういうセンス、羨ましいなぁ!

障子張り・・・懐かしいなぁ・・・
もう何年もやっていないけれど、拝読しながら懐かしくなりました。
矢菱虎犇
2010/01/30 04:01
■矢菱虎犇さん
センスとか照れました。ありがとう。
年のはじめだから、ほのぼの路線になりました。
『ぽっかぽか』知らなくて検索しました。こんなのあったんですねえ。

そう。障子貼りやってみてくださいな。
簡単にみえてムズイ。
現在、糊が薄かったところが隙間風にはためいてます。ははは。やり直さないんだな。これが。
つる
2010/01/31 01:30

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
にほんブログ村 小説ブログ 現代小説へ 人気blogランキングへ
「障子貼り」後編 ハキダメにつる/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる