ハキダメにつる

アクセスカウンタ

zoom RSS 「毘沙門天AFFECTION」15

<<   作成日時 : 2009/05/27 00:58   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

 どんっ!

 ルーフから新兵衛が跳んだ。まるで獲物に向かう猛禽類(もうきんるい)。

 その姿に、確か梟(ふくろう)も猛禽類だよな、関係ないこと考える。

 距離を稼ぐように空中を掻いた足が、ぐんと引き上げられて、前方に揃えた形で突き出された。そこへ体がかぶさった形になった。着地はひどく乱暴だ。

 その気配に青鹿毛の動きが止まる。

 着地の足元から顔を上げた新兵衛は、斜め上に頭を軽く振る。落ちてきた束髪をうざがった。近藤正臣かい!

「ああ……」

 俺の視界から姉貴が消える。ボンネットから滑り落ちた。

「なにやってんだよ。もお」

 言った俺が姉貴の脇に手を入れ、重たい体を持ち上げた。

「だってだってえ」姉貴の空いたほうの手が俺を拝むようにして、悪いねえ、とした。「かっこいいんだものお。よいしょっと」

 わかる。ちょっとだけ俺も思った。

 なのに、周囲から失笑が起きた。なんでだ。新兵衛にだ。

「ほっほっほう、ほっほっほう」

 彼は青鹿毛に歩きながら、さっきとは違う梟(ふくろう)で啼(な)いた。俺らには確かに梟だけど、ただの奇声ともとれる。
 
「なにが可笑しいのよっ!」急にシャンとなった姉貴が失笑に叫んだ。「バカにしたら殺すわよっ!」

 姉貴の金切り声は新兵衛に届かない。彼は梟をやめなかった。

 新兵衛と青鹿毛のタイマン。奇妙な一対一。だって人間と動物なんだ。

 近づく梟に青鹿毛はじっとしていたけど、両耳だけはパラパラと忙しくした。そこで相手をいぶかしがってる。

 やがて青鹿毛は新兵衛からそっぽを向く。首が振られた方向に、ととと、足並みがついていき、新兵衛との間に距離をつくった。無防備にその距離を詰める新兵衛。

 それが何度か繰り返されて、青鹿毛が反撃にでた。

 ぶんっ、ぶんっ。フルスィングで首をはらった。

「あぶない!」姉貴が声をあげた。

 新兵衛がバック転でそれをかわす。バネ仕掛けのようなそれが二度。三度目の途中でなぜかリバース。リバースの跳ね起きに拍手が湧きかける。振られた首を低い姿勢でかわした新兵衛は、目の前に迫ったタテガミを咄嗟につかんだ。なおも反対に振られた首に、新兵衛の足が地面から離れた。振り回されて馬の背まで水平になったとき、ぱっと背に飛び移り、そのまましがみついた。

 その重みに馬が驚愕する。嘶(いなな)いて身をよじった。それがだめだと知ると、新兵衛を乗せたまま猛然と走り出した。
 疾走する馬の先々で人垣が崩れてはすぐに形成された。いつのまにか、バイクとバイクのの隙間を埋めるように、見物人が囲みの内側にせりだしていた。

 突然、馬が脚を突っ張った。
 それまでの速度からのありえない停止に、馬の頭上を新兵衛が越えた。どうっ。彼は音がするほど地面に叩きつけられた。

「新兵衛っ! 死んじゃだめえっっ!」うるさいよ、姉貴。

「そうは問屋が卸さないってか」腕組みのおじさんが、対岸の火事で言った。「手綱だけの馬装じゃなあ。さあて。これからどうすんべ」


 みんな期待してた。
 俺だってそう。
 だから、アスファルトの染みになった新兵衛に、


 くやしいのぅくやしいのぅ。




――つづく――



対岸の火事:《向こう岸の火事は、自分に災いをもたらす心配のない意から》自分には関係がなく、なんの苦痛もないこと。対岸の火災。(大辞林)


馬、終わんなくなりました。

今日のBGM→Tout Tout Pour Ma Cherie(シェリーに口づけ)/Yamato
今日の動画→devinette beligneux haras Epsom Gesmeray/00:20馬のジャンプ。

小学生も視野に入れてフリ仮名をつけます。読みづらかったらごめんなさい。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
遅くなってすみません!一つトラブってるブログがあって何かと時間を取られてました(^^;
私の予想、外れちゃいましたね。新兵衛がカッコ良くキメるのかと思ってたのに。
でもなぜ梟の真似を?そういう技があるんですか?
ふふっ。馬、終わんないですね。でも面白いからいいですよ。次は長尾さんかな?
ia.
2009/05/31 02:47
★ia.さん★
来てくださって嬉しいな。
プログがトラバってたんだ。それにしても、そういうのに対処できちゃってすごい。わたしなんてメモリが少なくてアップアップしてる。増やせばいいだけのことらしいんだけど、そんなのもしないでいます。
ia.さんの予想は外れてませんよ。連載だから、もったいぶってみました。
梟のこと、ありがとう。そこ薄かった。馬は臆病だから、近づくとき驚かさないように、声をかけながら近づくんです。そこ、足りなかった。あとでなんか手を打ちます。
このシーンね。飽きちゃったから、途中でなんかはさもうか、根性で書き進むか悩み中。昨年、この季節にアップしそこなった鈴蘭にまつわる話が書きたくなってます。
つる
2009/05/31 11:22
うまい騎手は馬のたてがみ掴んでも制御しますね。

日本はガーナになんとか勝ちましたね。しかし、3点はとられすぎ。
岡田から日本文理の大井監督に替えたらいい。
連続ヒットが打てず「おまえら、火縄銃だな」とハッパをかけられ日本文理ナインは一念発起して夏の甲子園決勝で脅威の粘りを見せてくれた。
日本最弱を誇る!わが新潟県野球がああも変身したんだから、大井監督なら日本代表でワールドカップ優勝も夢じゃないっ!
銀河系一朗
2009/09/10 01:12
★銀河系一朗さん★
うまい騎手かあ。さいきん、三浦皇成が気になっちゃってます。うまいだけじゃなくて、きっと運もある子なんだろうな。
ちょっ!サッカーね。勝ったね。4−3とかってサッカーのスコアじゃねえつうの。
うん。確かに監督は変えたほうがいいと思う。
そうそう。鯨さんのところで連続してサッカーの記事をアップしてます。熱いよ。彼。わたしも調子こいて監督の悪口を書いちゃいました。
つる
2009/09/10 03:00

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
にほんブログ村 小説ブログ 現代小説へ 人気blogランキングへ
「毘沙門天AFFECTION」15 ハキダメにつる/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる