ハキダメにつる

アクセスカウンタ

zoom RSS 「毘沙門天AFFECTION」5

<<   作成日時 : 2009/02/10 20:42   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

 座布団を押しやった長尾さんがご本尊様の前から立ち上がった。案外と素直だった。

「ずいぶんと古い寺じゃ」

 言った彼女が、本堂の隅に積まれた長卓に手をかけ、俺と向かい合わせになった。

「ぼろくて悪かったな。早くそっち持てよ」

「して、開山はいつじゃ?」

「う〜ん。ルーツったら、大同年間(806年〜810年)か。古いっちゃ古いよ」

「ほう」

 ほう、と感心されて、ちょっと得意になった。俺はご本尊様の《水月観音(すいげつかんのん)》を顎でしゃくった。

「なにしろウチの観音様には、武田信玄絡(がら)みの話があっから」

「なんじゃと?」

 テーブルを持った長尾さんの手が止まった。

 確かに古いけど、由緒正しい寺であることは間違いない。
 彼女の反応に応えて、去年九十六で入寂したじいちゃんの受け売りを続ける。

「うん。武田信玄。そいつが甲斐(かい)から小田原の北条氏政(うじまさ)を倒しに来る途中で、この辺りを全部焼き払ったんだ。当時の品川は、まだ北条の支配下だったからな。
 そんで、そん時にウチの寺――つーか、この寺の前身は観音堂なんだけど、その観音堂に安置してあった《水月観音》を北条の家来たちが勝手に持ち去ったんだ」

「なんと罰当たりな」

「で、話はそっからだよ。しばらくすると甲斐に観音様を持ち帰った家来たちが次々に発狂していったんだ。たたりだよきっと。観音様の。そんでそれを聞いた信玄が、山伏(やまぶし)に頼んでこれを元に戻してよこしたってわけ」

「さしもの信玄も慌てたのじゃな。ははは。これは愉快」

 長尾さんが白い歯を見せた。
 誰だってそうだろ? コスプレはともかくだ。お人形さんみたいな女の子が俺の話で笑ったんだ。俺はすっかり調子に乗ったね。

「だけど明治維新のときはヤバかった。あれで大梵鐘(はんしょう)からなんから、うちの寺のお宝がほとんどなくなっちまったんだ」

「明治?」 

「明治維新だよ。知んないのかよ、明治。平成の前の昭和の前の大正の前の、明治だよ。おまえ、受験とか大丈夫かよ」自分を棚に上げて人の心配をした。

 長尾さんが不思議そうな顔になった。

「ちょっ、マジで馬見た! 今そこで見た! 第一京浜を駆けてやんの――あれっ?!」

 やかましく本堂に入ってきた遠藤が、長卓を運ぶ俺らを見て立ち止まった。後ろに続いてきた金子が遠藤に追突した。動じない遠藤。フィジカルつえっ。
 倒れた金子が痛くもない足を抱え込んでイエローをアピールした。どこに審判がいんだよ。

 へんな格好とはいえ、黙ってれば長尾さんは女の子にしか見えない。「誰? 誰?」遠藤が聞いてくる。「親戚だよ。遠い親戚」俺がその場しのぎの嘘をついた。

 いつまでも入り口でのたうちまわる金子を踏んづけて、姉貴が廊下から手招きをした。長尾さんにだ。

 呼ばれた長尾さんがそっちに気をとられて、いっしょに担(にな)っていたテーブルから手を離した。小さい子じゃあるまいし。

 前につんのめった俺が、「Ohch!」said Tom.傾斜したテーブルの角にしたたかむこうずねを打って、「ふ、ふざけ……」

 遅れてやってきた痛みに、声も出やしねえ。





――つづく――



武田信玄にまつわる話品川寺の歴史から引用しました。
明治維新のときはヤバかった→廃仏毀釈(はいぶつきしゃく)といって、仏法を廃し、釈尊(しゃくそん=おしゃかさま)の教えを棄却すること。 慶応4年(1868)3月神仏分離令が出されると、これに伴い神社と仏寺との間に争いが起きて、さらに寺院・仏具・経文などの破壊運動が起った。
フィジカル→サッカーでよく使う「フィジカル」は英語の“physical ”でしょう。ここでの意味は「身体の」「肉体の」になります。参考URL
山伏(やまぶし)→山野で修行する僧。修験者(しゅげんじゃ)(新選 国語辞典/小学館)
入寂→僧の死のこと。



 主人公の住む寺は、京浜東北線の「青物横丁」という駅のそばにある「品川寺」をモデルにしています。
 このあたりの寺を調べていくうち、この寺にはナント品川の東海七福神のひとつ、毘沙門天が祀(まつ)られてるというではありませんか。ラッキー。地元の盲点。
 次回は新年会の様子をお送りします。そこが書きたかっただけであとはこじつけです。正月気分なんてすっかり遠のいたというのに。

今日のBGM→彼女は彼のもの/ TAKAYA
今日の動画→知ってるつもり「上杉謙信」C(10:01)

小学生も視野に入れてフリ仮名をつけます。読みづらかったらごめんなさい。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
御先祖様だからこの家に来たんですね。
歴史ものはいろんな知識が必要だから大変ですね。読み手としては楽しいですけど。
なかなか女性疑惑が晴らせませね。でも小さくても男だがら、踏まれたら重くて痛いんでしょうね(笑)
ia.
2009/02/10 23:45
ia.さん、いつもありがとう。
おバカな話になりそうだったから、ウンチク入れてみた。らしくなったかな。
>女性疑惑
ぶっちゃけ女性なのよ。幸四郎は女だって見抜いたけど、お姉ちゃんは上杉謙信て言われてハナから男だと思い込んでる。これからそこを説明しなくっちゃ。
そうそう↑金子君を踏んだのはお姉ちゃんなの。わかりづらかったから書き直しました。わたしも、このお姉ちゃんと同じで、思い込みが激しいから、どうしても自分よがりな表現になってしまうわ。コメント、助かってます。
つる
2009/02/11 01:01
謙信と信玄はどちらも法体で仏教に帰依しているのに、なぜに互いに敵対心が強いのかが不思議です。二人が同時に仏敵信長に向かえば歴史は簡単に変わってた筈。
長尾さん、宿敵信玄の再興した寺に来てしまったんですね。
なんだか愉快です!
銀河系一朗
2009/08/16 21:45
★銀河系一朗さん★
いつもありがとう!
法体とかよくご存知だわあ。確かに本当ね。仏教繋がりがあるのに。
謙信は領土欲がそれほどなかった。そうは言ってないけど、してることから鑑みてそう考えられてるみたい。これは信心深かったお母さんの影響があるのではないかと思っています。
長尾さんと幸四郎に時代のギャップがあるから、なんとか信玄の話で共通点を見つけてみました。
つる
2009/08/19 01:45

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
にほんブログ村 小説ブログ 現代小説へ 人気blogランキングへ
「毘沙門天AFFECTION」5 ハキダメにつる/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる