ハキダメにつる

アクセスカウンタ

zoom RSS 「毘沙門天AFFECTION」4

<<   作成日時 : 2009/02/06 22:36   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

 チン! 

 電子レンジの開閉を手際よくこなして姉貴が言った。

「で、何人来るって?」

「そうだな〜10人くらいかな。あ、コンドー(近藤)がインフルエンザなんだって。笑う」

 聞かれた俺が答えて、剥(む)き終わったそばからまな板にゆで卵を置いていく。姉貴の命令だ。

「え〜?! 10人もぉ!? じゃあ、全然足りないよぉ」

「なんか持ってくるって。みんな。遠藤が言ってた」

「どうせお菓子でしょ」

 姉貴がゆで卵とオフクロが支度してった唐揚げをニつ割りにしていく。それと量増しにチンされた温野菜を合わせ餡(あん)をからませたら「酢鳥」の出来上がり。
 それから姉貴が腕組みで野菜炒めとにらめっこになった。

「したら、これにキャベツを足して焼きうどんにしようか。ちょっとあんた。手がすいてるなら冷蔵庫からキャベツとうどんの玉、出しなさいよ。下の段に入ってる」

 また命令だ。俺が野菜室に屈(かが)んだ。暖簾(のれん)の下から廊下を挟んだ本堂が見える。そこで長尾さんがさっきからご本尊様を拝んでいた。

 キャベツを待っていた姉貴の手が俺に向けてカモンカモン(come on. come on.)てなって、

「あの子、十六だってよ」受け取ったキャベツに話すように、「きれいな顔した男の子だねえ。あ、さっきはごめんね。誤解しちゃって」喋りながらキャベツをざく切りにしていった。

 姉貴はもうひとつ誤解してる。長尾さんは女だ。彼女の口調が姉貴にそう思わせたのだろうか。俺は長尾さんが男でも女でもどっちでもよかった。容疑が晴れればそれでいい。言いつけられずに済むだけのことだ。

「へ〜。俺の一コ上か。なんだよ。キャベツくらい洗え」

「上じゃないよ。アンタとタメ(同じ)だよ。加熱消毒するからいいの」

「なんでだよ。そういう問題じゃねえだろ」

「だって上杉謙信だよ。昔の人は数えでいうからホントは十五なの。去年元服だったんだって」

「ホントは、て……姉ちゃん。あいつの言うこと信じんのかよ。だいたい上杉謙信てなんだ。あいつ俺には長尾影虎って言ったぞ」

「だからあ、それが上杉謙信なんでしょうが。幼名は虎千代。元服して長尾影虎。そんくらい誰だって知ってるよ。アンタ受験生でしょ。そんなじゃ落ちるよ。第一志望のナンジャラホイ(高校)」

「やめろよ、縁起でもねえ。てか姉ちゃんおかしいよ。あいつはさっき初めて会った奴だ。そんな奴の言うこと、なんで真に受けんだ」

「あたしはね。現実を受け止めてるだけだよ。だって現にあの子がここにいる。そう。あたしは思ったね。アンタが生まれたとき――」

 姉貴が青い煙のあがるフライパンに焼きうどんの材料を放り込んだ。油はねの派手な音がして俺の声がでかくなる。

「なんだよっ。なんでそこで俺が生まれるかなっ!」

「――アンタが泣くからおっぱいを飲ませる。うんちをするからおしめを取り替える。お母さんはそんなだったよ」

「何が言いてえんだよっ」

「人間ていうのはそういうもんなの。まず現実があってそれにどう対処するかなの。今夜はあたしたちの前にあの子が現れた。したら、お腹が減ってるっていう。アンタの友達も来るっていう。だから、あたしはフライパンを振る。そういうことだよ」

「ああ?」人間とかじゃなくて、女の間違いだろ。

 ついこの間まで姉貴はパチ男(パチンコ男)と付き合っていた。俺と姉貴はまあまあ喋るほうだったから、心配したおふくろが俺に探りをいれてきた。そこまで知るかっての。
 三人のアニキたちはとっくに家から独立してたし、男四人のちょうど真ん中に生まれた姉貴と、末子の俺だけがこの家に残ってる。姉貴は俺と四つ違いの十九歳だった。

「じゃあ、聞くけど。もしもアンタがだよ。もしも試合で先制されたらどうすんの? そのまま負けんだ?」

「負けるかよっ」うっかり姉貴に乗った。女って《ればたら》の話が好きだ。

「ほらね。どうかしらしようとするじゃん。ねーえ? ちっとも違わない」

 なんか違う。なんかすり替わった。

 そんなだからパチ男に騙される。ずいぶん金を貸してるらしいとオフクロから聞いた。
 姉貴の理屈でいうなら、パチ男の現実に姉貴が金を貸したってことだ。奴のほうから姉貴に言ったんだろうか。「金に困ってる」

「さあ、あっちの準備でもしたら? みんなも、もう来んでしょ」

 姉貴が焼きうどんを大皿に盛り付けてから、おひつのご飯をむすび始めた。俺が大皿を持って本堂に行き、それを文机の経本の横に置いた。

「長尾」念仏を唱える長尾さんに声を掛けた。姉貴の話を鵜呑(うの)みにしたわけじゃないけど、「おまえもテーブル出すの手伝えよ」


 タメなら話は別だ。


 タメ口でいいと思った。





――つづく――


数え(かぞえ)→数え年の略。数え年は、生まれた時点の年齢を1歳とし、以後、元日が来るごとに1歳を加算する。年末に生まれた子は、年が明けると2歳になっちゃう。
パチ男→パチンコ男の略ということで。

>タメなら
「そこだけ信じんのかい!」ラストにツッコンデミマスタ
下の子って、上の子がちょっと頼んだだけのつもりでも、命令と取りますね。

今日のBGM→ねーえ?/ nyajira
今日の動画→知ってるつもり「上杉謙信」B(10:01)


小学生も視野に入れてフリ仮名をつけます。読みづらかったらごめんなさい。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
遅くなってすみません。
お姉さん、いい味でてますよ。お料理シーンだけに(笑)
パチンコ男に騙されたんですか。あねご肌でお人好しのとこが好感度高いですね。
男の子はおなじみ可愛いアホキャラ(笑)
てか、長尾さん、とっくに亡くなってるんでしょ?幽霊じゃないですか!早く成仏してくださ〜い!
ia.
2009/02/09 23:30
ia.さん、いつもありがとう。
いやいや、遅くなってとかもう全然だから。こうして毎回コメントつけてくださってありがとう。
パチンコ男はいらなかった。ストーリーに関係ナッシングだったわ。ナッシングといえば、これから新年会のシーンになるんだけども、そこもいらなかった。必然性がないのよ。凹むわあ。
お姉ちゃんね。お姉ちゃん重要。この話の説明係です。ワトソンかい!
長尾さんはタイムトラベラーです。ほんとはここで主人公とお姉ちゃんに、上杉謙信が女なわけがないだろ、って気づかせなきゃいけないんだけど、なんかそこうまくいかなかった。このあとどうするんだ、わたし。

つる
2009/02/10 02:09
お姉さんとパチ男のエピソードはあったほうがいいですよ。「騙された」って言うだけで人柄がわかるし、長尾さんを助けるのも納得できます。
タイムトラベルの話なんですね。SFは詳しくないので、今後もずれたコメになっちゃたら教えてくださいね。
ia.
2009/02/10 23:53
わあ、ありがとう、ia.さん。
パチ男をそう言ってくださってよかったよ。ホントハただでさえテンポが悪いから、さっさと話を進めたいとこなんだけど、いざ書き出すとつい余計なことまで書いちゃうの。それでいつも軸がブレる。
どんなコメでも嬉しいです。始めた頃を思えば夢みたいですもん。
そうだ!「桃山ビート・トライブ」読了しました。綿密に調べた資料でうまく構成されてて最後まで感心しました。書くようになったら本の読み方が変わったわ。物語を楽しむというより、どうしたらこんなふうに書けるか、そんなことばっかり考えて読むようになりました。「桃山〜」もそうだったけど、隆慶一郎の「一夢庵風流記」でも「傾き者(かぶきもの)」を取り上げていましたっけ。戦国の世でもシャレものがいたっていうのが、書き手にとって、そそられるんです。上杉謙信もなかなかの「傾き者」だったみたいですよ。パッチワークのようなカラフルな小袖を着用していたんですって。今でいうと、花柄プリントのシャツを着る男子みたいな感じでしょうか。
ああ、話が長くなってごめんなさい。 
つる
2009/02/11 02:05
遅ればせながら、新作読ませていただいています(^-^)
今回はサッカー・・・と思いきや、歴史SFのお話なんですね。高校で日本史を勉強しなかったぼくは、正直歴史が苦手で・・・景虎と聞くと《ドカベン》、上杉と聞くとまず《タッチ》を思い出す始末です(^-^;)上杉謙信女性説も初めて聞きました・・・。
お姉ちゃん、肝っ玉が据わってますね。景虎が今後どう絡んでくるのか、まったく予想がつきません。続きもまた読ませていただきます(^-^)
shitsuma
2009/03/11 08:51
shitsumaさん、いつもありがとう。
いや、歴史SFとかそんな大したもんじゃないです。スケールの小さい話よ。恥ずかしいなあもう。
だけど上杉謙信女性は、わたし的に、かなり「アリ」なんですよ。読んだとき「へええ」って思いましたもの。そこにどんだけ信憑性を持たせるか、腕のみせどころなんですけどね。てか、その大嘘に辛抱してお付き合いください。
つる
2009/03/11 22:31
パチ男ですか。
パチ男の場合とイケメンホストの場合は本人の意識に違いはないんだろうな。
しかし、友人の忠告なんかが違ってきそうだし、本人のあきらめも違ってくるのか、なんて考えてしまいました。

>なんか違う。なんかすり替わった。
あるある!男と女が議論するとよくありますね、それは問題の質とか立脚点が違うだろうてのが。
男の視点で指摘してるつるさんは偉いです!
銀河系一朗
2009/08/16 21:24
★銀河系一朗さん★
いつありがとう。
>本人のあきらめ
んまあ。するどい。お姉ちゃんはフラレてしまった設定です。いつもなら相手の男まで想像するんですけど、今回のパチ男は想像できませんでした。
>すり替わった
こどもによくツッコマレますから。自分の中では理屈がたってるんですけどねえ。
男女がわかりあえない理由。ここのサイトの調査結果が面白いですよ。
http://l25.jp/index.php/m/WB/a/WB000600/tpl/laboratorymenu001_00/bkn/menu/num/10/ccd/051/rfg/1
つる
2009/08/18 01:02

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
にほんブログ村 小説ブログ 現代小説へ 人気blogランキングへ
「毘沙門天AFFECTION」4 ハキダメにつる/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる