ハキダメにつる

アクセスカウンタ

zoom RSS 「高円寺物語37」

<<   作成日時 : 2008/12/29 16:34   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

「高円寺物語」37 

「みー!」

 大きな声で呼ばれて「ああ、びっくりした。なんだ。祐二か」

 店の中に祐二がいた。全然気がつかなかった。うしろに阿波レンジャーもいる。奥からぞろぞろ出てきた彼らの最後尾に、小さなブーケを手にしたコースチャがいた。

「あのさー、オレら考えたんだけどぉ。なっ!」祐二がコースチャを振り返った。

 コースチャの手から黄色いブーケがあたしに渡された。

「なに、これ?」

「ビッグスマイル」眩(まぶし)しそうなウィンクでコースチャが言った。きっと花の名前。それはミニひまわりだった。

「お礼だって。みんなから。バイト代も貰ったしね」祐二が付け足す。

「うそ?! マジで?! 嬉しいっ!!!」

 ブーケを抱いたあたしの頬が緩む。きっと花と同じビッグスマイル。こんなすてきなサプライズを思いついたのはきっとコースチャ。なぜなら彼が利き腕の左で軽めのガッツポーズをして振り返ったら、残りの4人も同じようにしたから。

 初めて貰った男子からのプレゼント。それは太陽のような和紙に包(くる)まれた、夏色の花束だった。その輝くようなオレンジが教えてくれる。まだだよ。まだ夏は終わってないよ。

 あたしの下駄がそばのアルミ缶をけたたましく裏返した。それに飛び乗って、 

「あ〜〜〜」三秒ためて、また、校長先生になる。突き上げたブーケで「皆さん! 楽しかった阿波踊りもこれでおしまいです。でも、まだ終わったわけじゃありません。なぜなら――」

「「「「「「家に着くまでが阿波おどりだからでーす!」」」」」」あたしと阿波レンジャーが言って、はしゃぐあたしは表彰台のアスリートみたくなった。

「あのぅ。盛りあがってるとこ悪いんですが」気の弱そうな店員があたしの足元を指した。「店、閉めたいんですけど」

 そうだった。

「解散!」

「「「「「Yeh!!!」」」」」






   
 一人、銀行の前まで来て、膝がカクンと抜けた。貧血だ。

「あらあ、ちょっとアンタ、大丈夫なん?」通りかかったパンチパーマのおばさんが声を掛けてくれる。「はい、大丈夫です」 

 うそ。大丈夫なんかじゃなかった。

 おばあちゃんが大病したとき、母が言った。人は反対のことを言う生き物だそうだ。「年がら年中、病気だ病気だって言ってる人ほど病気じゃなくて、病気じゃない病気じゃないって言ってる人ほど本当に病気だったりするものよ」病気じゃないと言い張ったおばあちゃんは、長い入院生活になった。

 少し休んでいこうと、植え込みのレンガに腰掛けた。ミラーになったガラスに写るのはショボい自分と編み笠に挟んだひまわり。まるで、売り損なった花束を持て余す花売り娘。親方に叱られるのが恐くて帰れないでいる。そんな娘に近づいてくる人がいた。

「オネエチャン、あそびましょ」

 酒臭い息でちょっかいをだしてきた酔っ払いだ。無視したら肩に手を回してきた。「さわんないで!」ちょうど置かれてあった駐輪禁止の赤いコーンを恋のフルスウィングして追っ払う。ぶんっ! ぶんっ! 振リ回しているうちに心拍数が上がった。

 あっ! 

 活性化した脳が、タカの挙げた腕を再生する。その指の先はE・Tみたいに軽く曲げられて「あそこ」を指していた。バカだ。あたし。最後の一振りで、手から離れたコーンがお向かいのタバコ自販機の前で振り向いたオヤジにジャストミート。 


 あそこ!

 
 ホームランの行方を見るようにしてから、オヤジちょ無視で一塁へロケットダッシュ。





――つづく――


↓ミニひまわり「ビッグスマイル」
画像






 ひまわりには、びっくりするほどたくさんの種類があります。あたしゃ、チューリップ好き。
 次は最終回。なんとか年内に収めます。

 今日のBGM→クリック。雨上がりにもう一度キスをして
 今日の動画→クリック。(ヤットサー!阿波踊りだ!/02:14)阿波おどりのダイジェスト版です。


 小学生も視野に入れてフリ仮名をつけます。読みづらかったらごめんなさい。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
第32話からイッキ読みしてます。最終話を前にちょっと休憩中です(^-^;)
力の入った阿波踊りの本番もよかったですが、こういった祭り後の余韻に浸るような描写もいいですね。
「恋のフルスウィング」まさかここで出てくるとは思いませんでした(笑)
shitsuma
2008/12/30 23:55
shitsumaさん、いつもありがとう。
イッキ読み、モウシワケナイ。もっと文章が上手かったらいいんだけど、これじゃ罰ゲームね。また頑張ります。
え?余韻?そうなの?最後の二話、いらねえかな、てオモタ。自分がこの話に未練があって書いたようなものです。本当は阿波おどりのフィナーレと一緒に終わりたかった。
>「恋のフルスウィング」
そうよ。自分で撒いた種だからね。
つる
2008/12/31 01:09
いよいよ、あとひとつと思うと、読むのが遅かったくせに、感慨ありますねえ。
行って来ます!
銀河系一朗
2009/07/21 03:21
★銀河系一朗さん★
あとひとつよ。ここまで長くてごめんなさい。
読むのシンドかったでしょう。
いってらっしゃい!(十朱幸代風で)
つる
2009/07/22 01:38

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
にほんブログ村 小説ブログ 現代小説へ 人気blogランキングへ
「高円寺物語37」 ハキダメにつる/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる