ハキダメにつる

アクセスカウンタ

zoom RSS 「高円寺物語」35

<<   作成日時 : 2008/12/25 21:40   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 9

「高円寺物語」35

「おまはん、昨日から誰にケンカうんじょんな。はったおっそ! (#゚Д゚)ゴルァ!! 」アニキが阿波弁を口にした。

 それはおじいちゃんの口真似で、高知よりの徳島弁だ。こういうときに使うとカッコいいと思い込んでるフシがある。ただのハッタリ。映画の見過ぎだ。

 アニキの足袋の先が、脱いだ雪駄を掃(はら)った。対面(といめん)で構えるタカ。前傾する彼の胸元からペンダントヘッドが離れた。

 息を飲む広場に澄んだ笛の音が流れる。見上げる高架に停車中の電車があった。笛は、季節限定の発車を告げる4番線ホームのメロディだ。

「勝負じゃあ!」言ったアニキが、その場に仰向けになった。まるで田んぼに倒れたカカシ。前で構えるタカの膝が拍子抜けで崩れる。アニキの頭の方から仁丹がのそりと出てきた。散らばったアニキの雪駄を拾って埃を叩き、その両裏を合わせて自分の帯にしまい込んだ。それから寝転がったアニキの体を跨(また)いで立った。

 わかった!

 あたしは背中の篠笛を抜くと、すぐに唇を歌口に当てた。今聞いたばかりのメロディの出だしをなぞって吹き始める。すかさずついてくる七本調子。志乃だ。ほとんど同時に晋さんの締め太鼓と若独楽の大太鼓。遅れをとった鉦が追いつくように鳴り響いて、さっきまでの興奮が広場に蘇(よみがえ)った。

 奴凧。アニキたちがしようとしているのはそれだ。鳴り物練習の合間の戯(たわむ)れに、二人がよくやっていたものだ。その昔、晋さんとおじいちゃんの十八番(おはこ)だったという技。とてもじゃないけどもう若くないから踊れないと晋さんが言うのを聞いて、余計二人は張り切った。

 仁丹が、見えないタコ糸を引くように右手をクイクイと動かした。アニキの左手が反応する。次に仁丹が同じように引くと、今度はアニキの右手が反応した。それから仁丹は、アニキの頭、、胴、足にそれを繰り返した。二人の息が合っているから、本当に糸で繋がっているように見えた。和んだ空気に人垣の緊張が解(ほど)けたのがわかる。

 なかなか凧は起きてくれない。見ているこっちが焦れだす頃、アニキの両脚が上半身に被って、体が二つ折りになった。その態勢から、曲げられたバネが元に戻るように、ぴょんとアニキが跳ね起きた。あんまりあっさり起きるから、まわりが湧いた。

 腕を水平にして袖口を掴んだアニキは、そのへんを行ったり来たりした。そうしているうちに、ないはずの袖が見えてくるから不思議だ。見えた両袖がパタパタと振られた。
 うまく風がはらめない凧は頼りない。風に巻かれてくるくる回ったりもした。周りからハラハラした声がした。うまく操れない凧に、仁丹が大げなリアクションで困ってみせる。そこで大爆笑。仁丹は役者だ。

 やがて、風を捉(とら)えた凧が、勢いよく空に上がった。そうなったら、

 アニキの独壇場。

 バック転、バック転、バック宙。疲れを知らない演技に大喝采。

 昔昔。高校の帰宅部だったアニキ。そのバネを買われて、体操部だった仁丹と、そのコーチが何度も誘ったけど入部しようとしなかった。何でかって? 三度の飯よりケンカが好きだから。
 中学時代、あたしの担任の自慢は、未だ塗り替えられない区の連合運動会の100m走レコードが、我が校の卒業生の出したものだってことだった。それがアニキなんだそうだ。担任は保健体育の教師だったから「アイツに50メータ(m)走らせんだろ? 何度計っても6秒ちょい。ヘタしたら6秒を切っちまう。はじめはストップウォッチがイカれてんのかと思った。けどそうじゃねえとわかったら、鳥肌が立ったよ」と笑った。
 ほんとはね。そういうアニキの話を聞くと誇らしかった。だけど、アニキが迷惑をかけた人もいるわけで、そのへんのところは微妙なんだよ。

 あらら。そんなアニキに釣られて、とうとう仁丹はタコ糸を手放してしまったようだ。円の直径のこっちにアニキ、向こうに仁丹が立った。二人共、軽く両手を挙げるようにして助走に入った。すれ違いざまの床運動のような連続技。仁丹の技は手足の先まで神経がいっている。それに比べてアニキは、

 あ、バカ。4つ目に飛んだバック転で手をつき損なってグシャってなった。いつもは3つだからサービスのつもりだったんだろう。調子こいた。

 伸身宙返りの着地を決めた仁丹。ちょうどタカたちの前だった。内側にした自分の中指を、どうよ! ってそっちにに突き立てた。さあ、お手並み拝見。腕組みした仁丹がふんぞり返った。

 ああ、そういうこと。納得したタカが、誰かが渡した彼の半纏を身につけた。さっきそれを脱いだのは、連とは関係ないところでアニキと勝負する気だった。

 タカ・トシの二人が、お囃子の中にでてきて、ブレイクダンスを始めた。ダンスバトルと思ったようだ。しかもアクロバット系。タカ・トシは、地面につけた肩を軸に開脚した足をぶん回したり、アンバランスな片手倒立で静止したりした。静止中のトシは、空いた手で、被(かぶ)ってもいないニットキャップを押さえる仕草をした。そのお茶目さに、まだ終わらないうちから大きな拍手が起こる。それはアニキたちを上回っていた。

 肩のあたりを押え、あぐらを崩した格好のアニキは悔しそうだ。あの様子じゃ、脱臼か鎖骨骨折のどっちかだんべ。アニキの下がった肩と反対側の腕が、阿波レンジャーに、行け!ってなった。阿波レンジャー、



 エ? 



 オレラ、デスカ?
 





 

――つづく――



アンバランスな片手倒立このサイトの「ジョーダン」をクリックしてね。
阿波弁参考URL近畿・関西地方に似ているそうです。少し違うか。
大阪弁→お前、誰に喧嘩うって(と)んねん!シバくぞ(#゚Д゚)ゴルァ!!
阿波弁→お前、誰に喧嘩うんじょんな!はったおっそ(#゚Д゚)ゴルァ!!


 一応、バトル。

 今日のBGM→クリック。いなせなロコモーション
 今日の動画→この子(ブレイクダンス/00:27)すごいな。こっち(ブレイクダンス/00:38)笑う。

 小学生も視野に入れてフリ仮名をつけます。読みづらかったらごめんなさい。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(9件)

内 容 ニックネーム/日時
(´・ω・`)兄貴調子に乗るから…
この中だとエアーチェアーの前段階、チェアーは挑戦したことあります。片手じゃなく両手で支えるやつ。

URL
2008/12/25 22:50
あら〜。ブレイクダンスにチャレンジだなんてスゴイ。やってみたけどムリだったバカトカイウナヨ。あれはどお?起きあがるやつ。ボクシングの選手なんかがするやつ。あれカッコいいね。ウチでも家族がやったりします。一番上のお兄ちゃんは、鯨さんくらい大きいから、やるのはいいけど、家が崩壊する勢いです。外でやれよ。
女子はブランドのバックとか自慢のカレシなど、自分の持ってる物を見せびらしっこをしますけど、男子は自分の持ってる能力を見せびらしっこするような気がします。おもしろいな。今度生まれ変わるなら、絶対男子!
つる
2008/12/26 00:42
喧嘩かと思ったら、アニキの必殺技の披露!カッコイイじゃないですか。アニキ、ファンになっちゃったよ〜!最後の「グシャ」もご愛敬♪
ブレイクダンスの描写も良いですね。キレが良くてコミカルなダンスを想像しちゃいました。
行け!阿波レンジャー!……大丈夫かなぁ?(笑)
ia.
2008/12/26 22:06
ia.さん、いつもありがとう。
なんでわかった?なんでアニキがかっこいいってわかった?すごい。いつもそういうところを、読みとってくださって嬉しいな。アホな分、かっこよくしたかったの。イメージはね。「未成年」の五郎よ。嘘がきらいで正義を貫くバカ。五郎、大好きだったんだ。デビューまもない反町隆史が演じてました。彼はこのあと、映画「君を忘れない」で、出撃前に故郷のおばあちゃんを訪ねていく特攻隊員役を演じ、わたしを号泣させますね。あ、脱線スマスタ。
ブレイクダンスのところは、誤魔化しちゃいました。深く掘ったらキリがないもの。
阿波レンジャー、うん、阿波レンジャーね。やだ、ia.さんたら!もうわかってるのね。そう、その通りよ。
つる
2008/12/26 23:09
【自分コメ訂正】
>見せびらしっこ
→見せびらかしっこ
つる
2008/12/29 17:28
アニキかっけー(´∀`)
今回もかなり見せ場ですね!
そうかこういう展開かー。
じゃ次読んでくる!
レイバック
2008/12/30 01:22
レイバックさん、いつもありがとう。
そうなの。ダンスバトルなんです。そう決めてたくせに僅か一記事でオワタ。これ以上書くとボロがでるからね。
え?もう行かれてしまうの?みんな忙しいのね。
そうそう、阿波弁の良いのを見つけたので、アニキのセリフを書き換えました。
つる
2008/12/30 22:20
喧嘩勝負を奴凧で、斬新ですね!
奴凧は読む前に動画かテレビで見たことあったので、いっそう文章に入り込めました。
もちろん、事前に知らなくても説明は十分でしたが。
銀河系一朗
2009/07/14 01:43
★銀河系一朗さん★
いつもありがとう。
本当の喧嘩シーンなんて無理。きっと書いても嘘になる。斬新とか嬉しいです。タナボタだわ。

奴凧はね〜。演じ手の人間性なんかどうでもいいわ。惚れるよ。見たらきっと。一瞬で。

奴凧は説明しちゃったけど、でてくる言葉をどこまで説明したらいいか悩みます。誰に読んでほしいのか。そのへんのところを充分に意識したほうがいいのかなあ。書きたいだけじゃだめなんだろうなとかいろいろ考えますよ。これでもほんと。
つる
2009/07/14 22:29

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
にほんブログ村 小説ブログ 現代小説へ 人気blogランキングへ
「高円寺物語」35 ハキダメにつる/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる