ハキダメにつる

アクセスカウンタ

zoom RSS 「高円寺物語」31

<<   作成日時 : 2008/12/06 15:45   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 10

「高円寺物語」31 
 
 好きで踊る阿波おどり。
 楽しいことばかりじゃないよ。

 メインストリートの南半分を、北に向かって流し終えたときだ。
 
「えーんえーん」

 堪(こら)えきれずに泣き出したのは、金ちゃんのところの下のおちびちゃんだった。
 すぐに女踊りの扮装の金ちゃんの奥さんが駆け寄って、自分の額をおちびちゃんの額に当てた。抱きとめられたおちびちゃんは、奥さんの首にしがみつくようにしていつまでもぐずった。

「熱があるみたい。もう無理」

 まるで、熱が出たのは金ちゃんのせいだといわんばかりに奥さんが言って、「仕方ないな」残念そうに金ちゃんが了承した。
 
 それを見た付き添いのお母さんの一人が、「うちも朝から鼻水なのよね」傍にいる自分の子供を見る。「ちょっとあんた、大丈夫なの?」
 
「大丈夫だったら!」声を掛けられた子供が言う。

「いいのよ。無理しなくて」

「無理じゃないってばっ!」

 それを皮切りに、他の親子の間でも似たようなやり取りが続いた。 

「あたたた。つったつった! 足つった!」

 ブーがふくらはぎを押えて大げさに転げた。
 深く膝を曲げる正調男踊りでこむら返りを起こした。

「ぎゃははっ!」「マジかよ〜?」

 阿波レンジャー大喜び。深刻なときほど可笑しかったりするもんだ。

「マジマジ。マジだっつーの。うわっ、いてぇ! ちょー、いてぇ」

「知るかよ。こっちだって腰がやべえんだよ」「バカ〜」
 
 そう言ったフーもウーも、ブーの傍にしゃがみこんだ。言葉とは裏腹だ。二人は痛がるブーの膝を押さえつけ、何度もゆっくりと地下足袋の先を膝の方向に倒した。

「指、切れたし」
 
 言ったコースチャが、祐二に手の平を向けた。指の間に血が滲む。ヤキトリの振り回しすぎってやつ。一度はみんなやる。

「あ、おまいも? おいらも」祐二も自分の手を見せる。「ヘップシュ! ヘップシュ!」

 その可笑しなくしゃみに子供たちから笑い声が起きた。
 
「志乃。足、どうよ?」

 言ってから、手甲で汗を押さえた。ただの汗じゃない。油汗だ。どっくんどっくん。鼓動に合わせた痛みが鼻緒から脳天を突き上げる。わかってた。さっきの南半分だ。狭い商店街から抜け出た大通り、開放感で跳ねまくった。あと腕。

「うん。もうダメかしんない。手も上がんないんだ」

 志乃が愚痴る。やっぱり同じだ。
 女踊りで高く掲げる腕は、男踊りと違いほとんど垂直だ。それは電球を付け替える作業をずっとしているようなものだ。しまいには、血が通わなくなって指先が痺(しび)れてくる。今年はそれに追い討ちをかけて、雨に濡れた衣装が肩と腕を重たくした。


 痛かったり辛かったりだ。
 でもね、やめようとは思わない。 
 なんでかって? なんでだろ。


 メインストリートの真ん中に戻ってみんな黙った。

 ここから北半分の桃園演舞場と中央演舞場が始まる。遠景にJR駅の高架が浮かび、そことウチらの間に先行する高張り提灯が何張りもしなって、その下で人の波がうねっている。
 
 残り30分を切った行く手は、フィナーレをひと目見ようとする人で膨れ上がり、巻き起こる声援はもう耳鳴りだった。

 前方を見た子供たちは棒立ちでいる。二人の男の子が武者震いをした。大人のメンバーは、下ろした手をぶらんぶらんとしたり足首を回したりした。ストレッチを終えた阿波レンジャーは、指にサージカルテープを巻きだした。
 傍にいた志乃が、テーブルに片手をついて、もう片方の手で足の甲を曲げたり伸ばしたりした。あたしも、巾着から出した熱さましを給水所の麦茶で咽に流し込んだ。  

「ヘップシュ! ヘップシュ!」祐二のくしゃみにもう誰も笑わなかった。


 人のエネルギーってすごいね。
 そうだ。それがあたしたちを動かす。
 なにくそ! って気持ちになる。やってやる! って気持ちになる。


 高南通りは瑞々しい植樹の香りで満ちている。
 そこに紙吹雪。凱旋パレードの風景のように、沿道のビルから色とりどりの紙片が降ってきた。それらが意地悪な雨に叩かれて、次々とアスファルトの押し花になる。積もる押し花。それを蹴り上げて前を行く連。少し距離が取れた。

「あらよっ!」

 金ちゃんの竿が霧雨を突き上げる。

「うっしゃーっ!」

 やけくそで阿波レンジャーが吠えて、空中にクラゲが漂った。次々にヤキトリから剥ぎ取られたビニールたちだ。


 そういうもんなんだよ。 
 誰でも経験したらわかるよ。
 一回、やってみ。




――つづく――



 ひらめかねぇ、ひらめかねぇ。日にちだけが無駄に過ぎてゆく。
 あの感動よ、今ひとたび、あたしに蘇れ!


 今日のBGM→クリック。負けないで
 今日の動画→クリック。(阿波踊り/02:49)徳島の人は観客も踊り手顔負けです。

 小学生も視野に入れてフリ仮名をつけます。読みづらかったらごめんなさい。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
一気に読ませていただきました^^
大団円が近づいてきて、ストーリーにも緊張感が出てきましたね。瞳ちゃんたちは無事踊りきれるのか、タカとはどうなるのか・・・気になります♪

ネタに詰まってますか?
そんなときはこの曲を・・・。

♪負けないで
♪ほらそこに
♪ゴールは近づいてる
shitsuma
2008/12/07 21:20
shitsumaさん、ここにもありがとう。恐縮です。
うん。もうあと何回かで終わりです。
ネタに詰まったわけじゃないのね。ストーリーは決まってるの。チキンだからラストが見えなければ書けません。問題は、自分が受けた感動をどう文章にするかなんです。毎回のアップを、原稿用紙2枚程度って決めてるから、その中で一ヶ所でもなんか訴えるものがあればいいんだけど。
目標は高いよ〜。何度も読み返したくなるもの。読んでその度に心が温かくなるもの。壺井栄みたいにね。遠くて険しい道のりだわ。
つる
2008/12/08 00:56
阿波おどりに戻ってきましたね。雨模様の空にクラゲが舞うのがいい感じです。
連載って大変でしょうね。キャラも多いし、場面も変わるし。私なら途中でストーリーを忘れちゃいそう(笑)
ラストは、どんなかな?
ia.
2008/12/08 02:36
ia.さん、いつもありがとう。
やっと阿波おどりに戻れました。ここが書きたいがために始めたのに、いざ目の前にしたら筆が止まりました。なんちゅうかね、ムズイです。困ったわ。
連載は確かに前の部分を忘れちゃいます。だから読み直します。そしていつも思うの。死にたいって。だってヘタ過ぎです。
ラストか〜。
つる
2008/12/08 22:46
みんなもう身体ボロボロになってきてんじゃん(笑)ラグビーやってた時ね、試合中はアドレナリンがバスバス出てて全然痛みを感じないんだけど、終わるとびっこ引くくらい痛かったりするんだよねー。人の身体って不思議。祭りもそゆとこあんのかなー。なんて思いました^^
レイバック
2008/12/10 06:41
レイバックさん、いつもありがとう。
そうなんです。ボロボロなんだけど自覚がないのね。だからそういうカラ元気みたいなのが、だせたらよかったんだけど、あんまりうまくいきませんでした。終わったら再考だわ。過去作もそんなふうにちびちびといじり倒してます。なんていうかなあ、こう、迷いなくすっと書けないものかしらねえ。
レイバックさんもこの前、コメントで仰っていたけど、こうして皆さんからコメントをいただけるって本当にありがたいことです。うじうじと書けないでいる心持ちが、おかげさまで晴れていくようです。

ああ、全然関係ないけどYahoo動画で「パーフェクト・ワールド」を観たんです。期待を裏切らない内容だったんだけど、その内容とは別にタイトルを半分パクって「パーフェクト・クリスマス」で例のに応募しようかな、と閃きました。アイディアはあるけど、あと二週間か。だめかな。いいや、間に合わなかったらブログに連載するまでだわ。そちらはどうですか?
つる
2008/12/11 01:05
つるたんこんばんは。パーフェクトクリスマス。むむむ。完璧な計画→→計画次々破綻→すっとこどっこいな展開→心温まる結末。うん書けそう。いただき! なんてウソウソヾ(´▽`;) やべー全然書けない書けない書けない書けない。どうしよう? 荒らしっぽくなってきたのでとりあえず寝ます(笑) おやすみなさい☆
レイバック
2008/12/13 01:11
レイバックさん、いつもありがとう。
やだ!タイトルで内容読まれた。これじゃダメじゃ〜ん。「すっとこどっこい」に大笑い。久しぶりに聞いた気がする。実はこれを高校生バージョンにするか小学生バージョンにするか悩み中。ハイ、悩んでる最中にたぶん締め切りです、きっと。
レイバックさんの応募の報告、楽しみにしています。
話題をふっちゃってごめんね。コメント嬉しかったです。
つる
2008/12/13 22:57
物事に夢中になると興奮して、痛みを感じませんからね!そういう体験、最近ないなあ。

サッカーでいうとゴン中山、骨折してても走るんだからすごい。今の代表にも、あの闘志を持ったFWが欲しいぜ!
銀河系一朗
2009/06/16 02:22
★銀河系一朗さん★
いつもありがとう。
そうね。夢中になれるって素晴らしい。なかなかそういうのってないです。ただ、これを書いていたとき、そうだったかなと思いました。

サッカーに振られるとは思わなかった。ゴン、大好き。ハートがよいわ。ハートが。
FW陣の不甲斐なさはあれよ。巻選手を呼ばないからよ。今日の日本代表は逆転されました。最終予選無失点のオーストラリアから1点もぎ取ったことでよしとします。悔しいけど。
つる
2009/06/18 00:12

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
にほんブログ村 小説ブログ 現代小説へ 人気blogランキングへ
「高円寺物語」31 ハキダメにつる/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる