ハキダメにつる

アクセスカウンタ

zoom RSS 「高円寺物語」29

<<   作成日時 : 2008/11/25 17:46   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

「高円寺物語」29 

 スプリンクラーな雨が降る。

 町に芳(かぐわ)しい雨の匂いがする。

 夏の垢がすっかり落とされても、本番の二日目は日暮れまで時雨(しぐ)れ続けた。

 昨日と同じ集合場所にぽつりぽつりとウチラのメンバーが集まりだした。途切れがちな会話。その様子は、高揚していく町を静かに受け入れているようにも見える。

「ドシタ。そのお札(ふだ)」

 志乃があたしのおでこを指して言った。心配した母があたしに無理やり貼り付けた冷えピタシートのことをいっている。

「うんまあ。魔よけ? 悪い虫がつかないように?」

「やだ。冗談」

 ほんと、冗談にしてほしかった。熱さましに飲んだ薬のせいでふわふわする体に、洗って乾燥機にかけた衣装の温(ぬく)みが優しい。

「だりぃー」「マジかったりぃ」「やってらんねえよ」

 横で阿波レンジャーがボヤいた。
 そう。疲れてる。今日が一番しんどい。ふれおどりと一日目は勢いで踊れる。だけど二日目の最終日は沿道の声援で踊らされるようなもんだった。

「よお!」「なんか笑えるしー」「マジ踊ってンだー」

 陣中見舞いの同級生たちが阿波レンジャーを囃(はや)したてた。

「ふざけんなよ、おまいら」「へんとか言ったら、ぶっ殺す!」「てめー、帰れよ」

 下がり気味だった彼らのテンションが否がおうでも上げられる。

「Константин !(コンスタンチン)Наталия !(ナターリア)」

 体躯のいい外国人の老夫婦が声を掛けるとコースチャとシャラポアが彼らに駆け寄った。お祖父さんとお祖母さんのようだ。今夏、里帰りをしなかった孫たちの代わりに、ロシアからはるばる応援にやってきたのだろう。
 お祖母さんがコースチャとシャラポアに順番にハグしている。オーバーなリアクションもお祭りという非日常になんだかとてもマッチしている。

「足が痛い。足が痛い」

 志乃が訴えた。しきりと下駄を気にしている。女踊りにつきものの悩みだ。

「ガンバ。元気だせよ。おら」

 後ろからアニキが志乃の頭をポンとする。

「うんっ!」

 笑顔で返事する志乃。でちゃうんだ。でちゃうんだ、元気。そっか。いいなあ。

「おーおー。見せつけてくれるわねえ」

 それを見た女踊りの若いお母さんから冷やかしの声が上がった。
 そのうちの一人が「結婚前のウチの人とわたしみたいだわあ」とふざけると「全然違うし!」口の悪い突っ込みが入ってわっと座が和(なご)んだ。

 ぼーっとする頭。お札が貼られたおでこが探す。

 あたしの元気はどこかな?

 半分塞(ふさ)がった耳にお囃子の鉦(かね)が聞こえた。

 不思議だなあ。
 
 この町のお祭りは何も変わらない。でも何かが変わった。
 そう。この町に見えないあたしの元気が存在する。

 金ちゃんの竿がしなって、ちびっ子連の足踏みが始まった。 

 去年までのあたしは、いったい何が楽しくていたんだろう。

「やっとー、やっとー」「やっとー、やっとー」

「やっとさー、やっとさー」「やっとさー、やっとさー」

 ウチラの準備が整った。

「いよっ! 待ってました!」「頑張ってー」

 両脇から飛び交う歓声の中をスタートする。

 北商店街の軒を連ねる提灯に明々と灯がともっている。落ちてくる細かな雨がその光に照らされてキラキラとウチラに降り注いだ。

 高く透き通る笛が旋律を奏(かな)でる。煽(あお)るような裏打ちの太鼓が鳴る。二拍子と一拍子を繰り返す鉦が響く。
 それらに乗せてあたしの心が呼んだ。


 どこなの。どこにいるの。


 昨日。たったの昨日。あんなに近くにいた人。なのに今日はとても遠い。

   




――つづく――



つる「ごめん。『30』ぢゃ終わんねえ」
担当編集者「知るかよ」


 今日のBGM→クリック。Diamonds/ ヒーロ
 今日の動画→クリック。(阿波踊り/男踊り/00:30)一拍子の提灯踊り。やだ、かっくぇー。

 小学生も視野に入れてフリ仮名をつけます。読みづらかったらごめんなさい。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
うん。熱っぽいときの気怠い感じが伝わってくるね。元気がないわけじゃないんだけど、どこかぼぉーっとしてて、なんだか淋しさも募って――、祭りの風景も心なしかしんみりと映るような気がするな。次回が楽しみです^^
レイバック
2008/11/25 20:54
レイバックさん、いつもありがとう。
熱ね。熱があっても足が痛くても踊った阿波ダンス、というコンセプトなんだけど、これ、盛り上がりますかね。心配になってきました。一番書きたいところが一番の難関。頼みの綱は、こうして読みとろうとしてくださる皆さん想像力。どうかどうか滑ってもよろしくです。
つる
2008/11/25 23:14
もつれまくった恋だけに、距離感を感じる瞳ちゃんの気持ちが伝わってきますね。
冷えピタシートを「お札」って。やっぱり志乃ちゃん、いいキャラだ〜。
ia.
2008/11/28 01:10
ia.さん、いつもありがとう。
主人公の気持ちを入れるところは迷ったんです。阿波おどりからズレルかなーて。今でもどうなのかよくわからない。でも中途半端に書くくらいなら思い切り書いちゃったほうがいいかなって。
お札の下には何かが封印されているんですよ。きっと。
つる
2008/11/28 22:26
志乃と対称的な心理が書けてます!
ここはすぐ通過みたいですね。

サッカー、ウズベにかろうじて勝ちましたね。
先取点取ったところで、今日はばりばりゴール取るんじゃねと思ったら、劣勢ばかり。
一番最初に予選突破はなんかいいジンクスがあったかもしれないですが、忘れました。
銀河系一朗
2009/06/07 16:15
★銀河系一朗さん★
いつも丁寧に見てくださってありがとう。
>通過
うん。よくわかりましたね。自分でも今思い出したのだけど、踊りにメリハリをつけるために、ふれおどりでは北商店街、本番一日目は南商店街、二日目で大通りのメイン会場を描写したんだった。
サッカーね〜見てたんですか。語り合いたいです。「読書感想文」でネタにしようかな。それはそうと、わたしも同じで、もっとゴールが決まると思ってました。先取点取ってから、後半の途中までもたもたしたから、イラついたわ〜
ジンクス。気になります。わかったら教えて。だけど、W杯ベスト4入り掲げちゃって、ダイジョブなんだろうか。

つる
2009/06/08 00:38

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
にほんブログ村 小説ブログ 現代小説へ 人気blogランキングへ
「高円寺物語」29 ハキダメにつる/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる