ハキダメにつる

アクセスカウンタ

zoom RSS 「高円寺物語」25

<<   作成日時 : 2008/11/15 00:37   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

「高円寺物語」25 

 撮るものだけ撮ったらしい緑のパーカーが、バックパックの背を見せた。

「待ちなさいっ! 卑怯よっ!」

 あたしは咄嗟に蹴出しを捲(まく)ってダッシュだ。逃がすわけにはいかない。
 人込みをジグザグに縫う緑の背中を見て走る。その途中で、邪魔になった編み笠と下駄を脱ぎ捨てた。
 まあ、なんということでしょう。(ビフォーアフターナレーション風に)
 信じられないことに、緑が演舞場を逆行した。向かってくる演じ手の脇をすり抜けて行くのだ。もちろんあたしもそれを追った。

「待て待てーっ!」

 どんなに叫んでもあたしの声は周りに届かない。賑やかな応援は自分たちの楽しみでいっぱいだったし、ところどころ目線をくれる人もいたけど、ただのふざけっこくらいに思ってる。だって、皆、笑顔なんだ。

 演舞場を抜けて待機場所に出る手前で「わあっ!」青いシートから声が上がった。緑が青いシートに土足で踏み込んだからだ。お年寄りや子供たちの頭をかき分けてその向こうへ逃れようとしている。

 背から篠笛を抜いたあたしが振りかぶった。「でやっ!」

 くるくる回った篠笛が緑の頭にヒットして、一瞬、緑の時間が止まる。それからガードレールに二つ折りになった。

 駆け寄るあたしを、凄いスピードで抜く背中があった。それが二つ折りのバックパックを掴んでガードレールから引き剥がす。緑が遠心力で車道へ放り出された。あたしの目の前に転がってくる緑と一眼レフ。あたしはストラップを手繰り寄せカメラを抱えた。

「助けてくださーい! 助けてくださーい!」緑が世界の中心で愛を叫んだ。「誰か警察呼んでくださーい! 暴力はんたーい!」投げ出されて女座りの緑が大声でアピールだ。

 ふ、ふざけんなよっ。

「貸せっ!」

 大きな手があたしからカメラをふんだくった。見たら息を弾ませたタカ。彼の手がもどかしそうにカメラの蓋を開け、抜き取ったフィルムをシャーってやった。それからストラップを持ってぐるんぐるんとぶん回し始めた。

「わーっ! やめろー!」回るカメラに向かって緑が叫ぶ。

 フッとタカの手を離れた一眼レフが、明後日の方向に飛んで行った。ハンマー投げの軌跡を描くそれが、1・2・3秒くらいの間を置いて、破壊音を立てた。

「なにすんだっ!」狂った緑がタカに突進する。タカが横っ飛びで避(よ)けたら、つんのめった緑が給水所の長テーブルに倒れ込んだ。ドミノ倒しにひっくり返る麦茶のコップたち。

「きゃーーっ!」

 パニック映画みたいな悲鳴がして、あたりが騒然とした。

「ちきしょーっ!」緑の絶叫。手をついたテーブルの白いクロスを振り回した。 

 ピピーッ! 警笛を鳴らして警察官が走って来る。それを目にした野次馬がなんだなんだと集まりだした。

「やべえ」タカが呟く。

 そう、やばい。事件を起こしたら踊れない。

 あたしの肘がグイと持っていかれた。気がついたら走っていた。横に並ぶタカ。その彼とすぐに歩道へ、それから脇道へ、曲がって曲がって、通ったこともないビルの谷間をジグザグに駆けた。
 


 なんだろう。


 2人の足音の他に音がする。


 カチカチと何かが当たる音がする。





――つづく――





担当編集者「やれやれ。またお助け物ですか」
つる「悪かったよ」
担当「ほんっと、好きだなあ。こういうの」
つる「他に何があんの?」


 今日のBGM→クリック。遠い匂い
 今日の動画→クリック。(Tokushima Awa Odori festival 2007 #2 徳島阿波踊り/01:56)もうね、手が違う。全然違う。ほんと、きれいです。

 小学生も視野に入れてフリ仮名をつけます。読みづらかったらごめんなさい。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
お助け物って。ぷぷっ( ´艸`)
女の子はこういうシーンに憧れるんですよね。いつもケンカしてる男の子が、困ったときに助けてくれる...いいなぁ。彼がふだんより3割増しでカッコ良く見えたりして。
無言で腕を引く、タカのぶっきらぼうな感じもキュンときますね。
バイオレンス好きのつるさんだけあって、アクションシーンはテンポが良くて迫力がありましたね。
ia.
2008/11/15 01:05
楽しい♪楽しい♪楽しかったぁ。
ものすごく面白かったですよ。
そして良い感じのタカ。
こうならりゃもうこの先は……(^m^)

2008/11/15 20:37
ia.さん、いつもありがとう。
憧れちゃいますよねー。ほんと。ジュニア小説の王道いっちゃいました。現実にあったらいいね。
アクションシーンは難しかったです。テキトーに誤魔化しちゃいました。それでもそんなふうに言ってくださってありがとう。
わたしね、ブルース・リーが大好きなんです。ああいう顔ができる人ってほんとカッコいいわあ。

つる
2008/11/15 22:51
舞さん、いつもありがとう。
楽しんでくださって良かったよ。でも、ちょっと残酷なシーンね。反省。
うん。この2人ね。ま、あれだ。理想の高校生してもらいましょ。
つる
2008/11/15 22:57
フフ、お助け物って( ´艸`)
(iaさんと被ってるね)
スラップスティックで、臨場感があっていいですね。
ただ、あまり擬音を使いすぎると、漫画的というか子供っぽくなるので、もう少しセーブして、描写で見せた方がいいかもしれないすね。(これは自戒も込めてですが(笑))
レイバック
2008/11/15 23:21
レイバックさん、いつもありがとう。
ほんとだ。「待て待てーっ!」からアニメチックになってしまった。漫画と違うから、小説は音も説明しなくちゃいけないね。「5分後の世界」はそうでした。そのへんを踏まえてラスト頑張ります。太鼓と鉦の音だけは勘弁してね。
これね、阿波おどりに戻れるのか、だんだん心配になってきた。
つる
2008/11/16 02:06
デジタル普及のせいで、最近、見なくなった、カメラの蓋を開けてフィルムを引っ張り出すシーンに出会えて、楽しかった(笑)
この後、どうなるんだろ。
一眼レフって憧れますね。やっぱ○○ンだろ、とキムタクの口調を真似しつつ、あれで野鳥とか追いかけて、きれいに撮れたらいいだろうなあと思う(^^;
銀河系一朗
2009/05/19 22:10
★銀河系一朗さん★
いつも丁寧にコメをつけてくださってありがとう。
ほんとだ。デジカメのほうがよかったわ。ここんとこだけ昭和になってしまった。反省反省。
一眼レフは、お仲人さんの形見分けで貰って使ってました。現像するまでどんなのが写ってるかわからない楽しみがありました。フィルム一本に、そう何枚も良いショットがあるわけではないんだけど、たまにいいのが撮れるとデジカメと味わいが全然違います。と信じてる。
>いいだろうなあと思う(^^;
そういうのや珈琲豆にこだわりのある方だと思った。
つる
2009/05/20 01:53

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
にほんブログ村 小説ブログ 現代小説へ 人気blogランキングへ
「高円寺物語」25 ハキダメにつる/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる