ハキダメにつる

アクセスカウンタ

zoom RSS 「高円寺物語」23

<<   作成日時 : 2008/11/08 22:30   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

「高円寺物語」23 

 駅に向かう演舞場で本降りになった。

 ひと踊りして、びしょ濡れのまま路地を戻った。
 アーケードとメインストリートに挟まれた細い道は、ビルの裏手でも人通りがある。演舞場を先回りして見る人たちの抜け道なのだ。
 雨を避(よ)けて、非常階段や軒先に腰掛けて飲食をする人たちもいた。そこは飲食店はもちろんのこと、古着屋さんまで店先のパラソルで、ビールを売ったりしていた。
 立ち並ぶ一軒の前で、濡れた髪をひと振りする半被が目に入った。

 あっ、タカだ! 

 トシも一緒だった。
 楽しそうな背中が2つ。貝の口に結ばれた角帯に、高張り提灯と長い印籠が垂れている。

 足が止まって、どうしよう、と志乃を見る。 

「あたし、あたし……」

「いってらっしゃい!」志乃が十朱幸代で(正確にいうと、友近が真似る十朱幸代で)言った。

 そうだね。カランコロン。あたしの下駄が弾んだ。

「こ、こんばんは!」

 声もうっかり弾んだ。ちょうど彼らが振り向いたときで、タカは持ち上げたおでんに下から食らいつくところだった。

 ドブン。彼の串からすっぽ抜けたちくわぶが、左手のカップへ飛び込んだ。

「あぢっ! ふざけんなよっ」器を落としそうになって腰が引けたタカが言った。
 
「うわ! きたねぇ」それにトシが飛びのく。

 こっちもふざけんな。思いっきしつゆが顔面に飛んだよ。

 あたしが首甲で頬を拭(ぬぐ)った。

「……」

「……」

 せっかく勇気をだしたのに、後が続かない。相手も黙っている。
 あたしてば、なんで話しかけたりしたんだろう。ああ、そうだ。目の前のエッチが、もう話しかけてこない気がしたからだ。

「なんだよ」

 タカの口調はいつもと同じで怒っている。彼の串が迷惑そうにおでんを探ったから、

「べ、べつに」ってなった。

 あたしの言葉に、タカがまた「フン」

 せっかくこっちが話してんだからさぁ。

 トシの言葉が蘇る。そうだよ、せっかくこっちが話した。なのに、なんだ。フン、てなんだ。

「あたしね、昨日あそこでウンコなんかしてないよ。それだけ」

「ウンコとか言ってねえし」

「言った」

「言わねえ」

「言った」

「言わねえ」

 言った。トシが。

 途中で気がついたけど、後戻りできない。

 そのトシが離れたところで、「命っ!」両手をひとやねにして一本足になった。人文字だ。

 なんで、命、なんだ。

「おう、ふざけんなよ」今度はトシに向かってタカが、ふざけんな。

 この人、口を開けば、ふざけんな。そんなことしか言えない。

 アホだ。

 きっとアホ。





――つづく――




貝の口→帯の結び方。参考URL
首甲(しゅこう)→女踊りで袖にはめる、肘から手首までを覆う白い布カバー。
「命」→お笑い芸人TIMのゴルゴ松本がする人文字芸。
ひとやね(人)→漢字の部首。冠のグループ。傘、命、今、合、会など。





 まあ、なんてゆーか、たまには女子の方から言い寄っても(オイオイ)いいかなと。

 今日のBGM→クリック。愛が呼ぶほうへ

 今日の動画→おや、れれれの連の最後尾はオカマさんでしょうか?(これもアリ>本場の底力/You Tube 01:56)

 小学生も視野に入れてフリ仮名をつけます。読みづらかったらごめんなさい。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
おい、おいいい加減に素直にならなきゃ。
聞いててもどかしいぞぉ!

でも雨に濡れた衣装って結構セクシーじゃない?
といいつつ食いついたのは十朱幸代の声。
午前中に若い頃の彼女の日活映画を観たばかり。
可愛いんだよね〜♪

2008/11/08 23:09
舞さん、いつもありがとう。
主人公が素直じゃないのは、きっと書く人が素直じゃないからだわ。
>雨に濡れた衣装って結構セクシー
やだ!読まれた。次回、それで事件が起きます。
十朱幸代の「いってらっしゃい」は、いいよね。あんなふうに言ってもらえたら、家族は幸せな気分で出かけられるんだろうなって思います。反省です。
つる
2008/11/09 01:10
「命っ!」って(笑)
こいつらアホだって言いながら、一番アホなのはきっと瞳ちゃんですよね。もう、せっかくのチャンスなのに〜!
屋台のおでん、なんかイイですよね。祭りって感じ。チクワブは関西では食べないから、私ならここは「ゴボ天」ですね(笑)
ia.
2008/11/09 13:28
ia.さん、いつもありがとう。
瞳がアホだってことに気がつくなんて、するどいな。2人の接点は「アホ」それしかないんです。瞳は早とちりの設定だから、誤解したり失敗したり、やっぱりアホなんです。
そ、そんな!チクワブがないだなんて……。チクワブと大根がなかったら、おでんじゃないよ。ia.さんはゴボ天なんだ。へえ。おでんの好きネタで話が盛り上がりそう。卵とかじゃがいもとか、練り物以外の具が好きな人もいるからね。うん。週末は、おでんにしよっかなー。
つる
2008/11/09 23:08
お久しぶりです・・・やっと追いついたぁ!!
トップページに「瞳ちゃんがタカにアタック中」と書いてあったので、わくわくしながら読みました。もう一息、もう一息!
こういうとき何かキッカケがあるといいんですけどねぇ。あ、ちなみに「ぼくの10年前の話」のときは、キッカケはあったんですけど、そのキッカケすらも自ら手放してしまうほど素直ではなく・・・あぁ、やっぱりこの話は封印します(笑)
shitsuma
2008/11/11 20:44
shitsumaさん、ここにもありがとう。
それから、へたくそな文章に付き合ってくださってありがとう。
アタック、大げさでしたね。どっちか片方が受け身っていうのも流行らないかなと。
>「ぼくの10年前の話」
もうね。聞きたいのはわたしだけじゃないと思うの。書いて書いて。でも、「キッカケすら手放した」うーん。お話になるのか?なるのか?
バッティングセンターでフルスィングしているというshitsumaさん、恋もフルスィングで。はっ。
そうよ!「恋はフルスィングで」
どお?このタイトル。
つる
2008/11/11 23:20
せっかく接近と思ったら、そんなつまらないこと。
でも、こういうもどかしさがまた定番ですねえ。
なんかいいなあ!
目をそらしつつ、心は一直線みたいな(笑)
銀河系一朗
2009/01/24 01:49
銀河系一朗さん、ここにもありがとう。
接近といえば、あそこに頭をつかいました。恋愛物につきものの「偶然」の必要性。多すぎだろ、って突っ込まないでね。不自然にならないよう、無い知恵を絞りました。
そうそう定番は踏まないとね。そこ大事。
>目をそらしつつ
お、経験者ですね。
つる
2009/01/24 22:21

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
にほんブログ村 小説ブログ 現代小説へ 人気blogランキングへ
「高円寺物語」23 ハキダメにつる/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる