ハキダメにつる

アクセスカウンタ

zoom RSS 「高円寺物語」22

<<   作成日時 : 2008/11/05 00:35   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

「高円寺物語」22

 本番一日目の順番は、南商店街、北商店街、メインストリートだ。

 南商店街を昨日と同じように流して北へ向かった。

 北商店街は雨を遮(さえぎ)るものがなかった。それでも隙間なく傘が並んでいて昨日の「ふれおどり」とは大違いだった。道幅が狭いから、見てる人との距離がすごく近い。

 踊り進むウチラに応援の声が沿道や家屋の上から掛かった。それはとても嬉しいことのはずなのに、なんて応えていいのかわからない。ちびっ子もあたしたちも前を向いて踊るだけだった。もちろん阿波レンジャーだってそう。

 ドカンドカン。うしろで大太鼓が鳴った。アニキたちだ。お愛想なしのあたしたちの代わりに、両脇の観客に向けてサービスのバチを振るった。わっという歓声。
 歓声に続く高い指笛は、たぶんウチらのシンガリに向けられたものだ。シンガリは、手ぬぐいで頬かむりをしたウチのおじいちゃん。いつだっておじいちゃんは小兵のお口直しだ。


 途切れない雨の中をメインストリートに移動する。
 観客の反応が昨日よりずっと良かったから、みんなの足取りもウキウキとしていた。阿波レンジャーが喋っている。

「ちょー恥ずかしかったあ」

「俺もぉ。なんか、写真いっぱい撮られた。ジャニーズって毎日こうなのかな」

「スカウトきたりして。オレらに」「くるくる」「したら、めっちゃ、もてンだろうなー」

 言ってろよ。

 半纏(はんてん)の前を掻(か)き合わせながら、男踊りのOLさんたちも話している。

「あったまくるなあ、モー。あれって犯罪だよね?」
 
「やだ、カオリも? わたしもだよ。なんとかなんないのかなあ」

「気のせいじゃないよね。だって完全にアングルが違うもん。明日はタンク(トップ)じゃなくて、さらしを巻こう」

 中腰なのをいいことに、男踊りの胸元を盗撮されたらしい。



 ウチラはメインストリートのスタート地点に到着した。
 メインは4つの演舞場に区切られている。そのうちの2つは北方向の駅に向かい、あとの2つは南方向の青梅街道に向かう。ちょうど真ん中のそこは、それぞれ真逆を向くコースの切れ目だった。
 簡易トイレに並ぶ長い列、スタンバイを始める参加連、それらを縫うようにして大通りを横切る人たち、そんなんでごちゃごちゃしていた。
 ひゃっほう! ときどき、そのへんの集団から酔っ払いの声がした。

「落ち着かないなあ」待ち時間に志乃が言う。

「始まっちゃえばそうでもないよ」気休めなんだけど、あたし。

「違うよ。みーのことを言ってるの」

「あたし?」

「うん。誰かを探してるみたい」

「え、誰を?」

「やだ。わかってるくせに」

「あっ、阿波おどり名人発見! ほんとに徳島から来てるんだ」

 志乃。あたしはね、エッチな奴はきらいなんだ。

「ごまかしたね。まあ、いいけど。なんかさ、足が痛いよ」

 ガードレールに腰掛けた志乃が言って、右足に引っかけただけの下駄をブランブランさせた。

「どこ?」

「ここんところ」前つぼに当たる指を指して、「バンドエイドがズレちゃたみたいでぇ。わっ。血ぃ出てるよぉ」志乃が顔をしかめた。

 爪先立ちのせいで、下駄からはみ出た志乃の足袋先は、泥水を吸って墨色だ。その親指の付け根が赤く滲(にじ)んでいた。それを見てあたしは袂(たもと)を探った。

「3枚貼りな。少しずつ重ねて」

 袂の巾着から絆創膏(ばんそうこう)を出して、志乃に渡した。

「あ、わりーね。サンキュ」

 受け取った志乃が足袋を脱ぎ始める。

 ガードレールのそばにコンビニエンスストアがあった。メインストリートにたったひとつのコンビ二は、人の出入りがひっきりなしで、自動ドアが忙しく開閉を繰り返していた。ドア横の雑誌コーナーにショートヘアを見た気がした。

「みー! みーってば。じきスタートだよ。なにしてんの」

 背中で志乃の声がする。

「うん」

 返事だけして、目はショートヘアを追う。あ、ちきしょう。違ったでやんの。

「スパイダーマンかい」

 志乃の突っ込みに、ガラスに張り付いた自分がブタ鼻になっているのに気づいた。

 だって、店のロゴのペイントで、中がよく見えなかったんだ。

「へへ」

 振り向いたら、志乃の目が悪いピカチュウで言ってる。やっぱ、探してるじゃん。



 ほんとだ。


 エッチでもいいんだ。


 へー。

 



――つづく――




さらし→さらし(晒)は、白くて長い布(幅34センチ、長さ2〜10メートル)で、主に腹に巻いて使用する。素材は木綿を指すのが一般的で、麻もある。 最近では、祭の時などに半天(半纏、袢纏、法被)の下に使用することが多い。
演舞場マップクリック。
↓悪いピカチュウ→画像拝借URL
画像






 今年の阿波おどりは雨だったんです。でも、どうです。この熱気。(高円寺阿波踊り5/01:42)

 今日のBGM→クリック。アイドルを探せ

 小学生も視野に入れてフリ仮名をつけます。読みづらかったらごめんなさい。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
やっぱり目が探しちゃうんだね。
意識しなくてもそうなっちゃってるんだ〜(笑)

スパイダーマン>
なんかすごく面白い表現で思わず
噴出しちゃいましたよ。
そんなに真剣に見なくてもいいものを……(爆)

手ぬぐいを頬かむりしたウチのおじいちゃん>
おじいちゃん、さすがの貫禄でスターだね。

2008/11/05 08:35
舞さん、いつもありがとう。
そうなの。つい、見ちゃうのね。ここはスパイダーマンを知ってることが前提になってしまった。こんなことではいけない。
>おじいちゃん
忘れるところだったよー。
つる
2008/11/05 21:11
悪いピカチュウ、笑っちゃいましたよ〜!しかも瞳ちゃんはブタ鼻(笑)恋する女の子の舞台裏ってこんな感じですよね。
阿波レンジャー、相変わらずバカですね〜。
でも、みんな生き生きしてきましたね。
ia.
2008/11/06 00:51
ia.さん、いつもありがとう。
舞台裏なんてみんなそう。人間臭いのよ。悪いピカチュウは借り物です。しまった。お借りした先を表示し忘れてました。
生き生き、ほんと?良かったあ。ここからずっと雨なんです。この先も、活気が出せるといいんだけど。
つる
2008/11/06 02:16
うん。今回面白かった。
悪いピカチュウにわろた(笑)
バンドエード持ってる子いいなー。
なんかそういう女の子と、
あんまり付き合ったことないんだ。
俺の方が用意良かったりして(笑)
レイバック
2008/11/07 06:37
レイバックさん、連コメありがとう。
あれ、早起きだー。今、気がついた。すごいなー。
「バンドエイド」は商標名だから文中では絆創膏にしました。口語は、バンドエイドのほうがメジャーだから、こうなってしまった。
へえ。逆にバンドエイドを持ってる男子とは縁がなかったよ、わたし。面白いなあ。人ってさ、自分にないものを知らず知らず相手に求めてる。つくづくそう思います。
つる
2008/11/07 23:10
Youtube、いくつも見てしまった。熱気ありますね。
もちろん、つるさんの文もよく描写できてるなあと
感心させられます!

バンドエイド3枚ずらしてってところが、とてもリアルで、よかった。
銀河系一朗
2009/01/24 01:42
銀河系一朗さん、いつもありがとう。
You Tube見たんだ。わたし、あれにはまると帰ってこれなくなっちゃう。
思い出しましたよ。連載中はYou Tubeの画像で短めのものを探すのが大変でした。いくら良い画像でもね、人の趣味を押し付けるわけですから、長いものじゃダメなのよ。
文章はあとからところどころ書き直しました。アップ時よりかはマシかも。でもこのへんはあんまりおもしくないね。書いて間もないものは、読み返すと恥ずかしい。
つる
2009/01/24 22:08

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
にほんブログ村 小説ブログ 現代小説へ 人気blogランキングへ
「高円寺物語」22 ハキダメにつる/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる