ハキダメにつる

アクセスカウンタ

zoom RSS 「高円寺物語」15

<<   作成日時 : 2008/10/11 19:48   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 14

「高円寺物語」15 

「何でって? いっしょにお弁当を食べてたからだよ」

「そうだね。でも、少し違う。いつか、カンゼンスウの話がでたことあったでしょう?」

 カンゼンスウ。それは数T教師のあだ名だった。
 お弁当仲間がまだ固まる前、アイウエオ順に並んだ座席の近いもの同士、10人くらいでお昼ご飯を食べていた。知り合いもいない手探りの高校生活。話題提供者に当たり障りのない相槌を打っていればいいだけの昼休み。
 同席の一人が、カンゼンスウを、お笑いの「ブラックマヨネーズみたい」と言うと、皆が笑った。薄毛ついでに顔も似ていたのだ。
 あたしもおつき合いで笑ってれば良かった。なのに、つい口にした。

《だけど、あの先生の授業面白いよ。あたし好きだな》

 それは、言った相手を間接的に否定した。
 いつもそう、お腹に貯めてから喋れない悪い癖だ。


「ああ、あれね。あれは失敗だった」あたしが苦笑する。
 
「ううん。失敗なんかじゃないよ。あのとき、わたしもそう思ってたんだ。けど、言えなかった」



《このクラスは33人か。なるほどなるほど。この中にもう誕生日を迎えた人はいますか?》

 初めての数Tの授業。出席簿を見た中年の数学教師が自己紹介もなく切り出した。いきなり何を言い出すのだろうという顔のクラスメイトも、教室を見回す先生と一緒になって首を動かした。一人の生徒が手を挙げた。

《お、いたね。君は牡羊座(おひつじざ)だね?》

 はい、そうです。牡羊座を当てられて、その生徒が不思議そうにした。

《そうか。他にはいないか? あとはまだ15歳だね。よし、33人のクラスメイトのうち、誕生日がきた16歳は一人、と。うん、いいねいいね。これで、このクラスは完全数になる。15(歳)×32(人)+16(歳)×1(人)=496。496は完全数だからね。完全数は知ってるね。その数自身を除く約数の和が、その数自身と等しい自然数のことだよ。496の約数は、1、2、4、8、16、31、62、124、248、これを全部足すと496になる――》

 話の途中で黒板に向って乱暴に1から248までの数字を板書きする教師にクスクス笑いが起きた。後頭部が薄いのだ。

《――ちなみに僕も牡羊座、今日で28になった。28の約数は1、2、4、7、14、足すと28。これも完全数だ。君たちとなんだか縁があるな。望月です》

 前を向いた数学教師にクラスがどっと湧いた。改めて前から見てもやっぱり薄毛だったし、中年だとばかりと思っていた教師がまだ20代だったという驚きだ。

 名前を言う前に、数字ヲタ(オタク)をあからさまにする教師。かと思うと、完全数にこじつけて、上手にあたしたちの気を引く教師。こんなの初めてだった。それから望月先生はカンゼンスウになった。



「失敗だよ。だってあれからあたしたち、どうなった?」

 あたしが言って、顔を見合わせて笑った。

 ブラックマヨネーズと言った子に距離を置かれたあたしたちは、やがてその10人くらいのグループが分裂するときにマジメちゃんグループに押しやられた。マジメちゃんというのは、定期考査の平均点や提出物の進み具合を本気で話題にする子たちのことだ。
 でも、それで良かった。そこでは違った意味だったけど、カンゼンスウの話題が許されたからだ。

《好きなんだってぇ、センセイのことがぁ》
 
 その後しばらく、あたしがカンゼンスウに片思いをしてるという噂が立った。授業中にカンゼンスウとあたしを見比べるクラスメイトの視線。でも、そんなの平気だった。だって、真実じゃない。人の噂も75日、おばあちゃんが言ったとおりになった。



「あたしはね、ハブかれるのが、こわかったんだ」



 誰だって持ってる、こわさ。


 敢えて言葉にしない、こわさ。


 志乃がそれを口にするなんて意外だった。彼女をハブく人なんているんだろうか。




――つづく――


ブラックマヨネーズクリック。
牡羊座生まれ→3月21日から4月20日生まれの方の星座。


担当編集者「完全数とかってー、カンベンしてくださいよーもー」
つる「いけない?」
担当「いけないもなにも、あのね。完全数わぁ、もはやネタ的に使用済みなんです。知らないんですか?『博士の愛した数式』」
つる「やだなー、もちろん知ってるってばー。でもね、向こうがメインにしたのは『28』だろ。こっちは『496』だかんね。ちょっとチガクしてみた」
担当「そーゆー問題ぢゃなくてぇ

 今日のBGM→クリック。LENINGRAD

 小学生も視野に入れてフリ仮名をつけます。読みづらかったらごめんなさい。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(14件)

内 容 ニックネーム/日時
薄いのに小杉さんですね。
教師に渾名は必ず付けますね。うちの学校では生物教師が「ひさし」と一部で呼ばれてました。
井上ひさしに激似だったんです。

URL
2008/10/11 21:39
鯨さん、いつもありがとう。
いやー、突っ込まれるかと思いました。いえね、ちょっと前に気がついたんです。クラスメイトの数が31人になってました。計算、合わないやん!あぶないあぶない。
教師の渾名ね。鯨さんだったら、ネーミング、うまそう。直感で。
わたしたちの頃はどうだったかなぁ。思い出せないや。苗字の呼び捨てが多かったかな。生意気な生徒だったわ、ほんと。もし、わたしが教師だったら、へんな渾名でもいいからつけてほしいな。ないよりか、全然いい。
つる
2008/10/11 23:19
新野剛志さんの「あぽやん」という本に、今の40代の人は「暗い」と言われること、20代の人は「存在感がない」と言われることを一番恐れる、という一節があるんです。
この世代の人は将来どんな風になるのかな、そんなことを考えながら読みました。
ia.
URL
2008/10/12 01:33
数学話キター!
(;´Д`)
算数時代から数字が苦手で苦手で(笑)
女の子はねぇ。なんでハブにするかね。
大人になってもそういうところあるもんね。女子ってさ。ブラマヨはね自虐ネタ多いですよね。突っ込みながらテンションが上がっていく小杉、かなり面白いです。
レイバック
URL
2008/10/12 09:57
ia.さん、いつもありがとう。
へえ、そんな分析があるんだ。確かに言えるかもね。
ネアカがネクラより良い印象というのもへんですよ。ネクラでも、面白かったら、わたし的にはOKだわ。
今の子たちは、概してやさしいね。あと理屈抜きで納得しようとしない。そういうこともあるって、教えなきゃいけないんだけど。まあ、この点は、各世代でもあるか。なんか、最近、いろんな人がいる、って改めて思う。へんなコメレスになった。
つる
2008/10/12 22:39
レイバックさん、いつもありがとう。
レイバックさんはどちらかというと「国語脳」なのね。それでも女子よりか、ずっとずっと、できるんだわ。以前、タレントの菊川怜が、数式をスラスラと解いていたのを、TVで見たことあります。なんか、かっこよかった。数学が出来るだけで尊敬。わたしはlogが登場したあたりから「サイナラ」でした。だけど、いきなり数学はないよね。自分でも思う。まあ、それ絡みのエピソードがあるってことで。次回、ハブと一緒に謎解きだー。
ブラマヨは面白いです。2人の個性がはっきりしてる。あ、彼らほどメジャーじゃないけど、ダンディ坂野とか、「トレビア〜ン」て言うマジシャンのムッシュ・ピエールも好きなんだ。あんま、関係ないか。へへ。
つる
2008/10/12 23:06
こちらこそ、ワケのわからないコメントですみません(^^
つるさんの作品って世相を反映してて深いなぁと思って、そのまま書いちゃったんです。
志乃ちゃんの意外な一面が見られて良かったです。
ia.
URL
2008/10/13 00:45
ia.さん、どもども。気を遣ってくださってありがとう。
ミーハーなんですよ。それでもどこかしら普遍的なものが出せたらいいんだけど。ほんと、難しいわ。
志乃、このあとカミングアウトです。なんかね、この夜は長くなりそう。読まされるほうはシンドイと思う。ごめんね。
つる
2008/10/13 14:26
「完全数」どこかで聞いたと思ったら、やはり「博士の愛した数式」でしたか(^-^;)よほど数学が好きな先生なんでしょうね。ぼくは高校数学でドロップアウトしましたけど、こういう話を聞くと、もう少しマジメに勉強しておけばよかったかなと思います。
友情の話がどんな形で膨らんでくるのか、楽しみです^^
shitsuma
2008/10/13 23:42
なんか私も、博士の愛した数式の寺尾聡さんを思い出しました。
数字がめっぽう苦手な私でもこの先生好きかも。

人の噂も75日。
人の興味なんてのもそんなもんなんでしょうね。
でも学生の頃ってハブかれるのは一番怖い状態でしたよね。
とにかく無難に過ごすのが正解でしたから。

2008/10/14 08:29
shitsumaさん、いつもありがとう。
数学、きて(流行って)ますよ。「容疑者Xの献身」にも確か、数学者がでてきます。わたしが、数学する人を気にするようになったのは、「やまとなでしこ」というTVドラマで、「おうすけ」に出会ってからです。数学以外は不器用ていう設定が魅力的でしたね。
>もう少しマジメに勉強
ほんとほんと。わたしも今だったら当時よりかはずっとマジメに取り組めそうだわ。論理的思考が文章にも反映されてたかもです。
友情?ベタなんだわあ。
つる
2008/10/14 22:50
舞さん、いつもありがとう。
舞さんは無難に過ごされたのね。いいなあ。
わたし?噂にも泣いたし(ちょっとオーバー)、人にも嫌われましたよ。わたしの統計によると30人に一人くらいの勢いで嫌われますね。ほとんど年上の同性です。何故かって?こっちが聞きたいよ。知ってたらそんなことになりません。あ〜言いたくなかった。おかげさまでね、嫌われる気持ちならいくらでも書けます。
つる
2008/10/14 22:57
いわゆるKYですが、そこまで気を使う必要あるのかと思うことも沢山ありますね。
でも中高生だと、そこらへんに変に敏感なんでよね。
カンゼンスウ、ほとんど記憶が(^^;
なんでだろう?
銀河系一朗
2008/10/18 14:25
あ、ここにも!銀河系一朗さんにちょっと感動。なんか申し訳ないです。
KYね。実際にKYな発言ならともかく、深読みする人もいますからね。そうなると何も言えなくなります。
そうそう、中高生って敏感、そして残酷。敏感も善し悪し。鈍感じゃ困る。敏感でも、嫌なことに対して嫌って言えればいいのよ、きっと。
>ほとんど記憶が(^^;
笑いました。それじゃ、友愛数は?双子素数は?対数は?さっき「博士の愛した数式」を読み直して対数を知った気でいます。何度読んでもすぐ忘れるんだな、これが。今だけは、ダイジョブ。
つる
2008/10/18 19:43

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
にほんブログ村 小説ブログ 現代小説へ 人気blogランキングへ
「高円寺物語」15 ハキダメにつる/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる