ハキダメにつる

アクセスカウンタ

zoom RSS 「高円寺物語」6

<<   作成日時 : 2008/09/14 15:09   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 10

「高円寺物語」6 

「お、よしのぶの髪さ、今日、決まってンじゃん」

 名付け親のあたしを無視して祐二がブーに言うと、阿波レンジャーの会話が始まった。

「あ、やっぱわかる?」

「わかんよー」

「そっか、わかっちゃうか」

「あれからやっぱ買ったんだ↓?」

「だってさー、タカ・トシさんに言われたら、そっかなーて思うじゃん?」

 同級生同士の話に、帰りかけたあたしの足が「タカ・トシ」で止まった。

「カッコよかったもんなー、試供品コーナーにいたあの人たち……」

 コースチャがそう言うと思い出すようにした。さっき祐二が言ったように、どうやら阿波レンジャーはどこかのドラッグストアでタカ・トシに会ったようだ。

「そう言えばさ。あの人たち、すんげーモテンだって。『追っかけ』とかもいるらしいよ」祐二が、早速、仕入れたばかりのネタを披露した。

「へーっ。そうなんだ。モテンだ。『ギャツビー』使うと」「やっぱオレも買えばよかったなー。金、なかったかンな。ゲーム買って」後悔するようにフーとウー。

「ホント、オニカッコいいな。ここんところ。えっと、何ていうやつだっけ?」

 祐二がブーの髪に触れると、まんざらでもない様子でブーのウンチクが始まった。

「へへ。『ムービングラバースパイキーエッジ』だよ。まず、全体をひし形シルエットにすンのがポイントなんだぁ。捻(ねじ)りながら毛束を作ってくっていうのは同じなんだけど、部分部分でコツがあンだよ。たとえば、モヒカンゾーンはランダムに、ミドルセクションはタイトにはねるような感じでぇ、アンダーゾーンは下向きに、みたいな。そうやってバランスを取ることでぇ、シャープで躍動感のあるスタイリングができるってわけ。まあ、受け売りなんだけどさ――」

 く、くだらねー。そんな暇あったら勉強しろよ。

「あンとき、そこまで言ってたっけ? あの人たち」確認するように祐二。

「いや、あンときじゃねえよ。俺らがここで踊ってンとさ、高校生も来る時があンだー。ときどきタカ・トシさんも混じってたりして、そんでそンとき聞いた」

「やっぱ買おう!」「オレも! だけど金がねえ(無い)」

 フーとウーの言葉を受けて「いいバイトあンよ」と祐二がこっちを振返る。

「ねえ、みー。1日500円、3日で1500円。だよね?」

 ちょっ、ちょっと待ってよ!

「な、なんで3日?」

「ふれおどり」

 でた!
 
「ふれおどり」は土日の前の金曜日に行なわれる前夜祭のようなものだ。
 以前は3日間あったお祭りも、交通規制や警備などの諸事情で2006年から本番の2日間だけになった。ところが町の人たちから「無くしてしまうのは惜しい」という声があがって、「ふれおどり」と称して残った。
「ふれ」には知らせる、宣伝するという意味があって、交通規制をしなくてもいい、南北に伸びる3つの商店街を流して歩く。このときには、本番当日の大混雑を避けた地元の高齢者、小さな子ども連れの人、障害者の人もたくさん見学に来ていた。

「わかったよ」

「やる!」「やります!」「やらして!」中学生のバイトなんてそうあるもんじゃない。食いついてきた。

「練習にもさー。出たら200円とか」調子づいた祐二に「飲み物くらい奢(おご)るよ」

 言ってるそばから頭に電卓。1500円×5人=7500円。それに飲み物代だ。とてもじゃないけどお小遣いじゃ足らないことだけはわかった。だって毎月携帯代込みの一万円だ。

「イエー!」

 阿波レンジャーの盛り上がりとは裏腹に、「いいの?」というふうに志乃が目線をくれるから「仕方ないじゃん」みたいに目で返事して、脳内はアルバイトのシミュレーションになった。

「ダイエットコーラLサイズ、こちらストローをお刺ししてよろしいでしょうか」
「お電話ありがとうございます。生地のタイプはパンタイプかクリスピータイプのどちらにいたしましょう?」
「ピンポンパーン。迷子のお知らせです。迷子のお知らせです」
「オーダーはいります。辛味噌一丁、油ソバ一丁。こちらご相席でお願いしまーす」


 志乃の携帯で「らき☆すた」の着信音がけたたましく鳴った。

「へーーーっ!」

 感心したような声を上げて彼女は画面に見入った。それから、

「見て見て! あいつらカラオケにいるらしいよ」

 と言って、送られてきたムービーをこっちに向けた。見ると歌ってるタカ・トシだった。ファーストフード店に現れた追っかけと一緒に合コン中のようだ。

「ギャツビーのコマソン(CMソング)、歌ってんだってー」

「カッコつけてるね。ちょっとばかし人気があると思って、2人ともいい気になってるんだ」

「んー。人気があるのはどっちかいうとトシのほうだよ。感じいいしね。追っかけのほとんどはトシ目当てなんじゃん? あ、でもね。この子。ほら、ちょっと見てみ」

 少し操作した志乃が見せてくれた画像に、両手ピースの女子が映った。

「この子はねー。キョーレツなタカファンだよ。トシみたくヘラヘラしてないとこがいいんだって」

 ヘラヘラしてないどころか怖いじゃん。

 そう思いながら志乃の手元を覗き込むと、そこに沢尻エリカがいた。

「かわいいね。こういう子がいいんだ。そうなんだ。へえ」

「かわいい? この子が?」

「なるほどね。ふーん。そうなんだ。そっかそっか」

「ちょっと何言ってんの? しっかりしてよ、みー」






――つづく――



オニカッコいい→よく「鬼」がつきますねえ。「オニすげえ」とか「オニこえぇ(怖い)」とか。
ウンチク(薀蓄)
→1 蓄えた深い学問や知識。2 物を積み、蓄えておくこと。(大辞林)
シミュレーション →ある現象を模擬的に現出すること。現実に想定される条件を取り入れて、実際に近い状況をつくり出すこと。模擬実験。(大辞林)



 今年の阿波おどりを伝える記事がありました。→ココ。

 今日のBGM→クリック。CAN'T GIVE YOU ANYTHING

 小学生も視野に入れてフリ仮名をつけます。読みづらかったらごめんなさい。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
お、トシの話が出てきましたね。ただ名前のせいか、どうしてもイメージが坊主頭。ビジュアル表現もお待ちしております。
実は男の子たちも阿波踊りに興味深々なんですね。お祭りのワクワク感が高まってきましたよー。
ia.
URL
2008/09/14 22:20
ia.さん、いつもありがとう。
トシをビジュアル表現かあ。サッカーでいうとU−23の柏木陽介みたいな感じなんだけど、うまく書けそうもないわ。カッコいいかカッコ悪いか、それしかないような気もするし。でも少し書いてみようかしらん。ia.さんだったらイケメンをどう書きます?
阿波レンジャーは阿波おどりよりバイト代に目が眩んでますね。そこは間違いない。
つる
2008/09/14 23:39
柏木陽介、調べてきましたよ!
えっとぉ、髪の毛がフワッとしてて、パンダみたいな目で、笑うとクシュっとなる感じ。
えっ?イケてない?イケメンの描写は苦手です〜(^^;
ia.
2008/09/14 23:58
ああ、ia.さん。お手数かけて申し訳ないです。
ia.さんの描写は「愛」があるね。
柏木選手は自身が「サッカー選手にならなかったらジャニーズに入りたかった」ていうほどサービス精神旺盛な選手なんです。だからいつも笑顔ですね。そういうところが書けたらいいな。逆にタカは「いまさら聞けないサッカー1」の青山隼みたいにマジメ顔が絵になる子というイメージです。
つる
2008/09/15 00:28
ブーのウンチクうぜぇー(笑)
>く、くだらねー。そんな暇あったら勉強しろよ。
↑ナイス突っ込みすね。同感。
レイバック
2008/09/15 10:27
レイバックさん、連コメ申し訳ない。気ぃ遣わせてしまった。
中学生は書くのが苦手。言ってることがコロコロ変わるし、強いポリシーがあるわけでもないから、セリフによっては別人になってしまう。だから、口調でブーフーウーの書き分けができたら良かったんだけど、無理でした。
つる
2008/09/15 20:21
ブーしっかり勉強してるじゃないですか。ただちょっと方向性が違うだけで。
シミュレーション→実際は触れてないのに相手選手からタックルを受けたフリして大袈裟に転がること。
イタリア代表は大会前に必ずペナルティエリア内で倒された際のアピールを練習する。

URL
2008/09/16 01:50
鯨さん、いつもありがとう。
そうなんです。ブーね。もったいないよ。男子は集中力がありますからね。ベクトルの先は重要。
>シミュレーション
サッカーを話題に使ってくださってありがとう。イタリア代表って、そんなにオーバーアクションなんだ。ときどき、日本代表のそんなプレーを見るとガッカリするけど、まだまだ世界にはウワテがいるのね。あ、玉田とか「ソレ要員」だったりして。←すいません、今の見なかったことにして。(汗)巻が出れない腹いせです。
シミュレーションを「シュミレーション」ていってました、わたし。はは、バカ。改めて調べたら「模擬実験」とあるでしょう。実際に行なわないのなら、わたしの文章での使い方は間違っているかもしれない。
「ベクトル」もそうだけど、手間でも、アップするときは、改めて言葉調べの大事さとか考えました。
つる
2008/09/16 21:49
そうそう、鬼って最近よく聞きますね。
超なんて言ってると年寄りだと思われる(^^;
ウンチクに凝るやつは下調べがうまいからソツがないやつになりますね。

シュミレーションとgoogleで検索すると
もしかして: シミュレーション
とトップに出ます。これってムカつくんですよね。
自分が綴りを間違えてるのに(笑)
銀河系一朗
2008/09/16 22:21
銀河系一朗さん、いつもありがとう。
「鬼」は、オニ流行ってますよ。
中学生のべシャリは聞いていてバカバカしいんだけど、まあ高校生も似たようなものです。リーマンなんかも案外そうです。あ、オバチャンはもっとヒドイ。人ってマジメな話は、何時しているんだろう。
ウンチクも相手に聞かせる術を持ってる人のは聞けますね。サービス精神が旺盛とも言えるし。
>もしかして: シミュレーション
まさに、まさに、そんなふうでした。機械にオチョクられた気分です。
つる
2008/09/17 01:04

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
にほんブログ村 小説ブログ 現代小説へ 人気blogランキングへ
「高円寺物語」6 ハキダメにつる/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる