ハキダメにつる

アクセスカウンタ

zoom RSS 読書感想文/いまさら聞けないサッカー1

<<   作成日時 : 2008/07/29 00:10   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

いまさら聞けないサッカー1

つる「ふーーっ! 暑いなぁ。いちおうアップしとくか」

 サッカー。

 興味ない人には興味ないですよね。

 ええ、アナタです。

 「サッカー」を目にして、マウスに人差し指をかけたそこのアナタです!

 いえ、わたしもそうでした。
 毎年秋になると、プロ野球恒例の「日本シリーズ」てあるじゃないですか。あれがナショナルリーグセントラルリーグとパシフィックリーグのそれぞれの優勝チームが戦って、日本一を決めるものだと知ったのは、ずっと大人になってからです。
 だいたい、プロ野球に2つのリーグがあることさえ知らなかったんです。野球音痴てそんなもんです。てゆーかほとんどの女性はスポーツのルールとか男性が当たり前に知っていることを知らないんです。だから、興味が持てないんです。そこでですね。

 わたし、決めました! メルマガ「いまさら聞けないサッカー」配信します。
 
 まず、アナタが苦手とするサッカーの入口として、素敵な選手をご用意しました。
 だってアナタが韓流にはまったのは何ででしょう? 「ロミオとジュリエット」や「ウェストサイドストーリー」で主人公の女性たちが反目し合ってる相手方の男性と恋に落ちたのは何故でしょうか? そう、人です。入口は人なんです。

 サッカーの日本代表に巻誠一郎選手がいます。彼は巻シートという子供たちを招待するための席を設けています――

 キャーッ! (左クリックを)やーめーてーっ! 押ーさーなーいーでーっ!

 巻がダメならしょーがない。畳と女房は新しいほうがいい、て言いますもんね。

 じゃ、これ。ドン!
画像







 ウォンビンちゃいますよ。こちらからお借りしました。どうぞ飛んでって大きくしたってください。かっこいいですから。ええ、青山隼選手です。彼の伯母さんは女優の篠ひろ子です。て、人寄せパンダかよ!

 通称アオ。ただいまJ1名古屋グランパスからJ2のセレッソ大坂に期限付きのレンタル移籍中です。
 どうよどうよ。U−23にはこんな選手がいっぱいいるんですよ。え? 読む気がしてきた? どうもありがとう。

 さあ、始めましょう。えーと、ここからはサッカーを知ってる人はつまんないです。

 サッカーは4年に一度「FIFA(フィーファ)ワールドカップ」通称W杯と呼ばれる世界一を決める大会があります。

 バカにすんな? すいません。

 まあ、自分のためでもあるんでこの辺(あた)りは流してください。

 W杯はオリンピックとオリンピックの間、つまり冬季オリンピックと同じ年に開催されます。6月くらいです。前回の開催国は2006ドイツでした。次回は2010南アフリカ共和国、2014ブラジルと決まっています。詳しくはココ。

 本音言うとW杯のことはあまり知らないの。難しい質問はノーサンキュー。

 さて、再来年のW杯より目前に迫ったオリンピックの話をしましょう。 
「オリンピックのサッカーとW杯はどう違うの?」と思いませんか? あ、思わない? なんだ、わたしだけか。
 オリンピックに出場できるのは23歳以下の選手なんです。1992年のバルセロナオリンピックから男子のサッカー競技に限り、選手の参加資格に「23歳以下」という年齢制限が設けられました。ところが1996年アトランタ大会からは、各チーム3人までの24歳以上の選手出場を認める「オーバーエイジ枠」が採用されました。はい、どのチームもベテラン選手をつかって勝ちたいですからね。

 で、その23歳以下の選手で構成されているチームをU−23(アンダートゥエンティスリー)て言います。つまりU−23ていうのは、次のW杯を担(にな)う子供たち選手たちなんです。あ、知ってた?

 今年の北京五輪大会を目指して、2006年8月にU−23日本代表が立ち上がり、反町康治監督のもとでアジア予選を突破してきました。
 それでいよいよ北京です。反町監督はオーバーエイジ枠にA代表の遠藤保仁(やすひと)選手(ガンバ大坂)を召集しました。でも遠藤選手は病気のため辞退しました。その後、監督は代替召集はないと言っています。

 つまり日本は北京五輪大会を23歳以下の選手だけで戦っていくわけです。男気あります。だって他国はきっと場数(ばかず)を踏んだ選手を起用してきますよ。ちきしょーっ!

 JFA(日本サッカー協会)の日本代表にはA代表(いわゆる日本代表)の他に、U−23、U−20、U−17、日本女子、フットサル、ビーチサッカーがあります。
 日本女子代表は「なでしこジャパン」の愛称で親しまれていますね。

 中でもU−20、U−17は2年に一度、世界大会があります。
 JFAのホームページに行くと、こんなことが書いてありました。

<U−20日本代表> 2年に一度開催されるFIFA U−20ワールドカップへの出場を目指す、20歳以下の選手で編成されるチームです。同大会の2年前にチームを立ち上げ、チームづくりをスタートします。現在、牧内辰也監督率いるU−19日本代表が、2009年にナイジェリアで開催されるFIFA U−20ワールドカップ出場を目指して強化を進めています。

<U−17日本代表> 2年に一度開催されるFIFA U−17ワールドカップへの出場を目指す、17歳以下(大会開催時)選手で編成されるチーム。U−20日本代表と同様に、同大会の2年前にチームを立ち上げ、チームづくりをスタートします。現在、池内豊監督率いるU−16日本代表が、2009年に開催されるFIFA U−17ワールドカップの出場に向けてレベルアップを推し進めています。 以上参考URL。

 た、頼もしいですっ!

 A代表の次にはU−23が、U−23の次にはU−20が、U−20の次にはU−17が控えてます。ええ、ええ日本は大丈夫です。
 いつか日本がW杯の優勝争いに絡めるようなチームになるといいな。生きてる間に見れるかな。
 決勝のスタジアムに円陣を組むブルー(日本のチームカラー)のイレヴン。サッカーパンツが風をはらんでいます。11人の二つ折りになった上半身が気合いでさらに深く沈み込みました。今日は10番の選手の左腕にキャプテンマークが巻かれています。7万人が収容されたサッカー専用スタジアムのスタンド(観客席)にウェーブが起きました――

 あ、すいません。妄想特急に片足乗ってました。いかんいかん。 

 北京に出場する若武者選手は18人。次回から少しずつご紹介します。それぞれにドラマがあります。
 ええ、もうね。時間かかってもやりますよ。
 一人暮らしの高齢者に高級羽毛布団か床下換気扇を売りつける勢いで頑張ります。
 これを読んでくださってるアナタ、北京の芝に彼らが立った時、アナタが周りの誰よりも事情通になっていることをお約束します。ほんとかよ。

 もうね、ファンタジスタがいっぱいいるんだ。

 先日(08/07/24)、U−23日本代表は国際親善試合をしました。親善試合とはいえ、北京五輪大会に向けて強化の一環として実施する各国代表等との試合です。壮行試合ともいう。
 そのU−23日本代表対オーストラリア代表の結果は2−1で日本の勝利でした。

 明日(08/07/29)は「キリンチャレンジカップ2008」で男女日本代表が同じく北京五輪大会に出場するアルゼンチン代表と対戦します。
 国立競技場で日本女子代表は16:00、U−23日本代表19:20キックオフです。


 青山隼選手? 残念ながら今回は召集されてません。あ〜あ〜そりまち(反町監督)〜、やっちまったなー。

 だってこんなこと言ってる人もいるんです。




――つづく――

 

J1・J2→Jリーグ(日本プロサッカリーグ)は2部制になっていて、現在J1には18チーム、J2には15チームが加盟しています。シーズン成績により、J1の下位3チームとJ2の上位3チームが入れ替わります。 
ファンタジスタ(イタリア語:Fantasista)→は、主にイタリアなどで使われているサッカー用語であり、サッカー選手にとっては最高の賛辞にあたる言葉である。詳しくはココ。


担当編集者「あ゛ーっ!なんだってこんなのアップするかなあ」
 


 年齢を問わず読んでいただきたくてお目障(めざわり)かもしれませんが読み仮名を付けます。小学生とかも来てくれるといいな。18禁でやってます。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
やっぱ、ハマるには「人」からですよね。
若いサッカー選手は全然知らないので助かります。オリンピックが楽しみになりそう。
ia.
2008/07/29 01:05
ia.さん、いつもありがとう。
え?ほんとう?良かった。
けど、こういうのは本記事よりサクサク行きますねえ。本末転倒だわ。
オリンピックは本来の意味合いと違ってきてるけど、一人一人の選手を知ってしまうと、見ていても思い入れが違います。それにね。わたし50歳を過ぎて、自分の人生にそうドラマチックな出来事も起きないだろうと思うと、どうしても彼らの夢に乗っかりたくなってしまうんです。
つる
2008/07/29 01:40
つるさん……
ナショナルリーグやない! セントラルリーグヤ!!

オリンピックはFIFAの公式試合としてカレンダーに乗ってないことから、OA枠での選出にはクラブチーム側が難色を示す場合が多いですね。
今回もメッシとバルセロナがゴタゴタしてるし。
見たい気もするけど「フル代表の一世代下として活躍の機会が少ない選手たちに国際舞台を経験させる」オリンピックサッカー本来の意義を考えたら、フル代表やクラブチームの主力として試合に出まくってるメッシを使うのは違うよなと思う部分もあったり。

2008/07/29 01:52
お、既に鯨さんにツッコまれてたか。しかしなぜに関西弁(笑) 今日五輪代表戦やってますね。このチームで遠藤見てみたかったなー。ってかアルゼンチン、リケルメとか出てるしーw 
レイバック
2008/07/29 19:56
雷雨中止で負けみたいですね。
強敵アルゼンチン相手にそこそこ動けたような気がします。大会での反町マジックに期待!
しかし、なでしこが勝つとは驚いた。
銀河系一朗
2008/07/29 23:19
鯨さん、いつもありがとう。
わーーーっ!逆にナショナルリーグてなんだーっ!訂正します。
そして、突っ込みはやはり関西弁がベターね。
メッシのこと知らないからググッたら、彼もいろいろあるのね。うっかり心を寄せてしまったわ。心がいくつあっても足りなくなる。それで欧州のことは鯨さんにオブザーバーになってもらおう。なんならメインに迎えたい。
勝つサッカーもいいけど、うまく世代交代しないと空白ができるんだよね。チーム作りって長い目で見ることが重要よ。だから監督がおじいさんでもいいと思うの。
つる
2008/07/30 00:44
レイバックさん、いつもありがとう。
レイバックさんに教えてもらった安田、頑張ってましたね。彼のプレイとブログが繋がらないわ。(笑)
オーバーエイジ枠をフルに使わない反町監督は、よほどこの世代に思い入れがあるか、あとは監督の構想に遠藤しか要らないか。でもね、紺色にピンクが刺し色になるように、あと一人くらい入ってもいいんじゃないかな。はい、素人のコメントでした。
今日出ていたアルゼンチンのリメルケて30才!勘弁してよー。そこまでして勝ちたいんだね。
それにしても雷雨でドラマチックな試合でした。試合内容もそうなんだけど、雨に煙ったスタンドとか見てて、なんかね、なんかグッときました。
つる
2008/07/30 01:01
銀河系一朗さん、いつもありがとう。
負けちゃったね。セルジオのネガティブな解説にはもうウンザリ。キーちゃん(北澤豪)の前向きな解説が良いね。アルゼンチン相手に1−0だもの。だけどこの子たち(選手)勝つつもりでいるからすごい。
なでしこ、強いね。女子はどうしてもスピード感がね、男子を見ちゃうと見劣りしてしまうから注目度が低いね。ビジュアル面の強化?それ言われても困るし。
つる
2008/07/30 01:14

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
にほんブログ村 小説ブログ 現代小説へ 人気blogランキングへ
読書感想文/いまさら聞けないサッカー1 ハキダメにつる/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる