ハキダメにつる

アクセスカウンタ

zoom RSS 「わたしが死んだらノート」4

<<   作成日時 : 2008/07/26 23:07   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 13

「わたしが死んだらノート」4

「最後の章だよ。《第三章宝くじのこと。そんなわけで宝くじでも当ててやろうかと思ったわけです》」

「どんなわけだよ!」

「お母さんてさ。こういうとこあるよね」

「こういうとこて」

「だからさ、自分だけわかっちゃったら、それでもう最後まで説明しないようなところ」

「あ〜、あるある。早く続き、読めよ」

「《当たりました》当たっちゃったよ、お兄ちゃん!」

「い、いくら?」

「《あの日はね、スーパーから出ると自転車のサドルに鳩の糞がついてました。お母さん思った。『今日はついてる』って。だから買ってみました」

「だから何等が当たったんだよ」

「《不思議と外(はず)れる気がしませんでした。でね、はじめはマンションでも買おうかと思ってたの。でも、止めたわ。しょせん、泡銭(あぶくぜに)ですもの。パーっと大人買いです》」

「何に使ったって? な、何等なんだ?」

「《『東横のれん街』て知ってるかしら、渋谷の。あそこの『維新號(いしんろう)』の肉まんを10個と、それから『味の浜藤(はまとう)』で銀鱈の西京漬けを10切れ、あと『銀のぶどう』でチーズケーキかご盛り『白らら』を買いました。
 そしたら、予算オーバーして、持ち出しになりました。
 だけどね、なんかすかっとしたの。あの日のお母さんは、ヒルトン姉妹並みにセレブだったわ。 
 それで、肉まんと西京漬けなんですけど、一つずつ小袋に入れて冷凍庫に入れてあります。肉まんはレンジで3分間チンしてね。西京漬けは焼く前に白味噌を水洗いしたら、キッチンペーパーで水気を拭いて、あとはグリルで普通に焼くといいわ。あ、脱線しました。
 それにしてもすごくない? 1から43までの数字のうち、3つも当てちゃうなんて4つも当てちゃうなんて》」

「ロト6か!」

「《ここでお母さんがあなた達に言いたかったのは『諦めなければ夢は叶う』》」

「そこかよ!」

「《あ、そうそう。最後にお願いがあります。実は、お母さんね、

 ブロガーなのよ!

 どお? ビックリした?》」

「どおりでな。最近、干渉してこねえな、て思ってたんだよ。はまってたんだ、パソコン」

「《ロム専さん御用達(ごようたし)ていうんでしょうか》」

「コメントねえのかよ!」

「《エッチなトラックバックとか入ってしまうからね。閉鎖してください。残念だわ、一年も続けたのに。
 あら、ここまで読んで気がつきました。『白らら』のことが抜けてます。白らら……。うん、白ららね。ごめんなさい! 全部、食べちゃいました。ううん! そんなつもりはなかったのよ、全然。でも、すごく美味しかったんだもの。あと少しあと少して、止められなくなったのよ。
 そう言えば、『龍(たつ)の子太郎』て話がありました。太郎がお母さんを探して旅をするお話です。あれは、そもそも何で太郎のお母さんが龍だったかというと、空腹に耐えかねたお母さんが焼いた岩魚(いわな)を一人で全部食べちゃったからです。それで龍に姿を変えられたんです。つまり、食い意地を張るな、ていう戒(いまし)めの物語でした。チガウカラ。
 わたしはまさにそれです。もし、もしもよ。お母さんの身に何かあったとしたら、きっと白ららのバチが当たったんだと思うの』わーっ!」

「泣くな!」

「《最後に2人へ。
 わたしのお墓の前で泣かないで下さい。そこにわたしはいません。眠ってなんかいません。
 わたしは楽しくやってると思うの。だって向こうにはべスがいるからね》」

 べスは兄が拾ってきた犬だった。享年18。去年、死んだ。

 兄の眼が赤くなった。
 みるみる張られる優しい表面張力。それはきっと震度1の揺れでも破られる。
 わたしは見ない振りしてティッシュで鼻をかむと、立ち上がった。丁度いい。洗濯機を回すために脱衣場に向かった。




<つづく>



維新號(いしんろう)の肉まんココ。一つ税込み¥564
味の浜藤、銀鱈西京焼きココ。一切れで¥800くらいしますから。
銀のぶどうのチーズケーキかご盛り『白らら』ココ。税込み¥1,050
ロト6の4等→選んだ6つの数字のうち3つが一致。賞金金額1万円。


 こんにちは。お涙頂戴したくてとうとうワンコまでだしてしまいました。いかんいかん。
 実家にはコリー犬がいました。「名犬ラッシー」ブームの頃です。ハリーて言いました。すらっとしていてなかなか格好がいいと思ってたけど、コリー犬て胴が短い子が良しとされてるようで、つまりハリーは落ちこぼれでした。わたしにはなつかなかったな。完全、なめてられてました。 

 今日のBGM→クリック。アコースティックVer.

 年齢を問わず読んでいただきたくてお目障(めざわり)かもしれませんが読み仮名を付けます。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(13件)

内 容 ニックネーム/日時
お母さん、ブロガーだったんですか?たくさん秘密が暴かれちゃいますねぇ(笑)
1つ¥564の肉まん、ゴージャス!これは宝くじに当たらないと食べられないわ。
このお話、本当に楽しいです。このお母さん、好き♪
ia.
URL
2008/07/27 00:28
ia.さん、いつもありがとう。
以前、ウェブリブログで「息子のブログを見つけました」という方がいらっしゃいました。いくつかの検索ワードでひっかかったそうです。何もわざわざ探さなくたって、て思いました。この話のお母さんは「見てくれ」ちゅーてるわけですから、やましいことはなさそうです。
維新號の肉まんはジューシーで本当に美味しいですよ。亡き姑が手土産によく持ってきてくれました。滅多なことでは口に入りません。ケーキより高価なんだもの。
大阪にも美味しい豚まんがあると聞きました。
つる
2008/07/27 21:34
鳩の糞が付いてたから運もついてるって発想が母さんらしい。
ていうか遺言の最後が歌詞の引用って。母さん油断も隙もなくボケてきますね。

2008/07/28 00:04
鯨さん、いつもありがとう。
先日、見事にヒットしちゃったんでね、カラスの糞。そんなんでネタにしました。生活の中からヒントをもらわないと書けないです。宝くじ?買えば良かった。染み抜きを優先しました。バカ〜
この話ね、最初と最後だけ決まってて途中で迷走してます。「べス」を膨らますか、さっさと母さんのブログで終わりにするか。大きなテーマがないだけに途中でフラフラしてます。まぁ、それはいつもと同じ。読んでて楽しくなるよう、知恵を絞ってます。
つる
2008/07/28 21:41
ふぅ、ようやく追いつきました! 第1話から、また改めて読み直しました^^
「わたしが死んだらノート」を書いた母親、なかなかツッコミどころが満載ですね。おにいちゃんの軽快なツッコミが笑わせてくれます^^ あ、そういえば第3話の「梅干のメンテ方法」とかは「わたしが死んだらノート」には書かれてなかったんでしょうか?
最後に犬が出てくるとは。最近、ペット系の話には弱いんです(^_^;)享年18。長生きでしたね。「むこう」で楽しくやっているといいですね。
shitsuma
2008/07/29 11:42
うーむ。母が残したノートと、それを読む子供たちとの間で掛け合い漫才が成立してるんだもんなぁ。新しいスタイルだわ(笑) しかし最後で母、盛大にパクったねぇ( ´艸`) グフフw笑えました!
レイバック
URL
2008/07/29 19:44
たまにtoto買うけど、当らないなぁ。
…もし六億当ったら(*´ェ`*).。oOモヤモヤ。
とか、やってるのがいいんだろうけどねぇ。
おれも犬を出されると弱いなぁ。
火群
2008/07/29 21:05
渋谷の東横のれん街はたまに行きましたよ。
へえー、西京漬けはあまり好きでないけど、洗って焼けばいいのか!
この前、自転車で走行中、腕と足をチキンシットに直撃されたのにまだ1等が当たってません。
(3っつ一致では賞金が足りないような気が……)



銀河系一朗
URL
2008/07/29 23:06
shitsumaさん、いつもありがとう。
や、やっぱね。プロ狙う方はこれだから、たはは。
カミングアウトします。梅干しメンテはブログにあるのよ。このノートに書くとその部分がマジだとテンポが悪くなるじゃない?ほんとか。
べスの18才は長かったか。裏設定は兄が小3のサッカー帰りに拾ったことになってる。15才に訂正しようかなあ。
するどい読みにチキンハートがバクバクしてます。でも読み返してくれてすごく嬉しい。


つる
2008/07/29 23:51
レイバックさん、いつもありがとう。
新しいスタイルが成立、て大賛辞だわ。でも、わたしは漫才よりコントのほうが好きなんだ。ドランクドラゴンがするようなやつ。
母のセリフは旬もの、ブログならではだわ。通用しなくなったら訂正ね。ていうかパクっちゃだめだよ、わたし。
つる
2008/07/29 23:59
火群さん、いつもありがとう。
6億も当たることあるの?せいぜい4億かと思った。せいぜいとか言ってるし。
もうね、億単位の話になるとね。わからないです。6億の豪邸が4億に値下げされても安いんだかなんだか。
わんちゃん出したのは自分でも卑怯だったな、て思います。ここで皆さんのハートをワシヅカミにしたかったんだよぉ。
つる
2008/07/30 00:05
銀河系一朗さん、いつもありがとう。
のれん街を知ってらっしゃる?あそこに売ってる一つ250円のおはぎが食べたいな、てもくろんでます。もくろむほどのもんでもないんだけど。
>賞金が足りない
4等賞金一万円なので、肉まんと西京漬けとチーズケーキ全部買ったら足りないの。だから「予算オーバーしました」の部分をあとから足しました。するどいなあ、もー。そうそう西京漬けは銀だらより鰆のほうが美味しいですよ。こういうのは年寄りの食い物と思ってましたが、なかなかどうして良い酒の肴になります。

つる
2008/07/30 00:16
皆さん、すいません。この話に間違いを発見しました。
ロト6の4等は本数字4個一致でした。話の中で亡き母に「3つも当てちゃうなんて」と喋らせてます。「4つも当てちゃうなんて」に訂正します。だめね。反省を促すためにアンダーラインでさらし者にしておこう。
つる
2008/07/30 00:30

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
にほんブログ村 小説ブログ 現代小説へ 人気blogランキングへ
「わたしが死んだらノート」4 ハキダメにつる/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる