ハキダメにつる

アクセスカウンタ

zoom RSS 「俊足」5

<<   作成日時 : 2008/03/12 19:32   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 16

画像











「俊足」5
 運動会の当日。
 五年生の徒競走で、圭太は四番だった。しかも途中で女子に抜かれた。

 昼食に保護者観覧席に戻って来ると、黙って太巻きをつまんだ。カッコ悪いったらありゃしない。
 隠しビールを持ち込んだお父さんは上機嫌だった。

「俺はいつも一番だったんだがなぁ」またそれだ。

「確かに負けん気だけはあったようだが」

 たしなめる口調でおじいちゃんが言って、『誰の運動会なんだ』という一瞥(いちべつ)をお父さんにくれた。

「ま、まあ、た、たまには負けることもあったさ。ははは」

 なんだ、負けることもあったんだ、と圭太は思う。お母さんに言い返せなかったおじいちゃんといい、お父さんといい、大人は口ばっかりだ。

「でも、速かったのは嘘じゃない。当時の俺を見たら、カッコいいとか言って気絶するんじゃないか。おまいら。だははは」

 おまえらと呼ばれたお母さんとお姉ちゃんは、大口たたくお父さんに冷たい視線を放った。
 それは、お姉ちゃんが一年生の時の運動会、親子競技のことだ。お姉ちゃんをおぶったお父さんはゴール前で大ゴケした。それは圭太も覚えている。鼻血ブーで今みたいに大笑いしていた。お姉ちゃんを庇うようにして転んだから、お姉ちゃんは怪我はしてないはずだった。なのに泣いた。きっとお父さんが恥しかったんだろう。見ていたお母さんだってそうだ。「まあ」と言って赤くなった。
 運動会の度に女二人から無言で放出される恨みのオーラは、六年経っても色褪(あ)せることはない。
 いくら鈍感なお父さんでも何か感じたようで黙った。

 圭太たちのシートの横を通った女子がこちらを見た。さっき抜かれた子だ。
 笑われた――と思った。いや、絶対笑ってた。




 午後の部で圭太は元気がない。入場門の出番待ちに膝を抱えると、じゅんぺいにこぼした。

「もう、サッカーやめようかな」

「何でだよ」

「足、遅いし」

「圭太、サッカーやめるんだってよ」じゅんぺいが後ろのタケちゃんに言うと、

「え〜何だよ。やめんなよ」困った顔で言う。

「だって」

「おれより遅い奴がいなくなるじゃん」それか。

「やめんなよ」その横で直毅が言った。「圭太は持久走とかつえーじゃん。サッカー向いてるって」

「あ〜、それ、オレ、ダメ」瞬発力はあるけど、持続力のないじゅんぺいが言った。

「そうかなあ」

「ディフェンスなんだから、ねばってボールを奪えばいいんだよ」そう慰める直毅も、フォワードからディフェンスに下げられたばかりだ。





 くそったれくそったれ! と圭太はボールを蹴った。
 マンションの駐車場の白い壁につくボールの跡が見えなくなってくる。夕暮ればかりのせいじゃない。涙の膜が張ったからだ。
 こぼれ落ちる前に、肩で汗を拭うようにした。




<つづく>




 あ、何か見えてきましたか?しーーっ!黙っててね。

 運動会で、血まみれになったどこかのお父さんを見たことあります。照れくささに笑ってるんですが、歯についた血が痛痛しかったです。頭二針縫ったと聞きました。走れたはずの自分。青春は遠い。


 今日のBGM→クリック。リンゴ日和〜The Wolf Whistling Song


 年齢を問わず読んでいただきたくてお目障(めざわり)かもしれませんが読み仮名を付けます。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(16件)

内 容 ニックネーム/日時
お父さんが運動会で転ぶのはゴール近くの最終コーナーが多いそうです。疲れで踏ん張りが利かないところへ遠心力が働くんでしょうね。

圭太サッカーやめんなよ
ガッツだぜ! ヽ(~-~(・_・ )ゝ

URL
2008/03/12 20:49
なんか切ないねぇ〜(><)
頑張ればきっといい事もあるって!

運動会で毎年肋骨や鎖骨を骨折するパパが出るのはうちのほうだけじゃなかったんだ(汗)

2008/03/12 21:08
お父さん登場!空気読めず、家族のひんしゅくをかう、の巻ですね(笑)
年を取ると、走ってるつもりなのに、足が上がってないんですよね(笑)
直毅くん、大人ですね。タケちゃんやじゅんぺいくんもいい子だなぁ♪
ia.
URL
2008/03/12 23:17
僕も足遅いから、気持ちわかるな〜
スポーツがいくら好きでも、足が遅いと致命傷なんですよね
でも、負けるな圭太!
孫琳
2008/03/13 00:02
鯨さん、いつもありがとう。
>最終コーナー
ああ、言えてるかも。子どもの前でカッコいいとこ見せたいのはわかるんですけどねえ。
>圭太サッカーやめんなよ
うわ、このあとサッカー関係ねーよ。どうしよう。言われて気づいた。そこ、触れない方がよかったかなあ。一話が短すぎたから付けたした箇所です。
つる
2008/03/13 00:34
舞さん、いつもありがとう。
「おしん」じゃないけど、このへんは圭太に辛抱してもらわないとね。そううまくいくことばかりじゃないってことで。
運動会ってドラマありますよね。自分ちの子だけじゃなくて、ちょっと視点を変えると、なかなか楽しめます。やっぱり、怪我するお父さん、いたりしますか。聞いただけで痛いよ。
つる
2008/03/13 00:39
ia.さん、いつもありがとう。
立派なお父さんじゃつまんないから、こんなです。
足、あがらないですよ、ほんと。すり足みたいになってます。
>直毅くん、大人ですね。
ハッ!ほんとだ。言われて気づいた。小学生がこんなこと言うはずないわ。ササッ。(いなくなる)ふう、ちょっと直してきちゃった。へへ。サンキュウです。
つる
2008/03/13 00:45
何をおっしゃる、孫琳さん、まだ現役のくせにぃ。来てくださってありがとう。
スポーツが好きって大事ですよ。楽しくやれるのが一番。いやいや、やってても仕方ないもの。
コメで気がついたけど、圭太が遅いって書きすぎたかなあ。一番が取れないって意味で本人が遅いと思い込んでる設定なんです。う〜ん。そこんところ、まだうまく書けてないわあ。
つる
2008/03/13 00:54
あれ?書きなおしちゃったんですか?
大人びた子供って萌え(*・・*)だったのに。
べ、別にヘンタイとかじゃないですよ!
ia.
URL
2008/03/13 02:26
あ、ia.さん、お手間とらせてすみません。
書き直しちゃいました。直毅って「理想の高校生」に出ていた主人公の小学生版なんです。キャラの使いまわし、ってことです。てへ。そうすると、やっぱり彼はそんなこと言わないんです。そこ気がつきませんでした。だから、ありがとう。ほんと良かった。うん、この方がいいわ。一人で納得。
あ、わたしも小学生、萌えますよ。子どもが大好きなんです。話していて楽しいじゃない?ところが、子どもはすぐ大きくなります。見違えるような彼らを町で見かけたりすると、昔別れた恋人のように、胸がきゅうんとなります。
つる
2008/03/13 17:53
女子に抜かれるのはつらいなあ。
自分が小学生の時は男女は組が別でしたね。で3年ぐらいまでビリかブービーだったから気持ちわかる(医者には激しい運動止められてたw)
でも高学年の時はサッカーで独走状態の敵に追いすがり敢然とボール取りにいって相手を倒したし、中学の徒競走はまぐれで1着した(学生時代唯一の1着自慢…笑)
銀河系一朗
URL
2008/03/13 21:47
銀河系一朗さん、いつもありがとう。
今は少子化ですしね。足の速い女子とか帳尻合わせなんかで男女混合ですよ。出席簿も男女分けしてません。小学校の頃って、女子を下に見てるわけじゃないんだろうけど、負けると悔しいらしいですよ。女子の能力を評価したり、尊重できるようになるのは、もう少し大きくなってからでしょうね。徒競争のことを、皆さん思い出してくださったようです。わたし、ヒーローを書くつもりはないんです。だってヒーローじゃない人の方が圧倒的に多いんですもん。おお!系一朗さんにも輝かしい一瞬が!チェーリオ!
つる
2008/03/13 23:47
足が遅かろうが持久力があれば大丈夫、DFなら「読み」でカバーできるさ!
レイバック
URL
2008/03/14 01:08
レイバックさん、いつもありがとう。
スポーツって、運動能力の足りない部分をある程度カバーできるものと、そうでないものとに分かれますよね。話が飛ぶんだけど、そのカバーできないほうのスポーツの100m走でパウエルっているでしょう?おとといのNHK特集の再放送で、パウエルの速さの秘密をやっていたのね。大腰筋の太さが尋常じゃない。もちろん内臓筋だから鍛えようもない。天からの授かりものらしいんだ。やっぱ神は不公平だと思った。徒競争で一番なんて、取ったことないよ。わたしのせいなんかじゃないと思った。
つる
2008/03/14 01:58
1着にはなれませんでしたか。女子にも抜かれたとなると、ちょっとショックですよね。そういえばぼくも運動会の個人種目で1位になった記憶ってないな……。背が低かったので、組体操では大活躍でしたが(笑)
今後どうなるかを予想してみましたが、ちょっと掴めません。終盤の展開、楽しみです!
shitsuma
URL
2008/03/14 12:25
shitsumaさん、いつもありがとう。
こうして考えると、一着にならない人々が一着を支えてあげてるんですよ。そのへんのところを感謝してもらいたいくらいです。
組体操はカッコいいですよね。大活躍したと言うshitsumaさんは一番上のポーズを決めるおいしい役だったのでしょうか。
うちの方は、中学になると上半身裸なので、短パンを落として穿いている子たちは下着が見えてましたよ。はらはらしました。
>今後どうなるかを予想してみましたが、ちょっと掴めません。
え、本当?やったー!shitsumaさんには、読まれているかと思いました。たぶん皆さんもわかっちゃってる。でも、敢えて読み手を裏切らず、まっとうなところに着地します。ベタだわあ。
つる
2008/03/14 19:32

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
にほんブログ村 小説ブログ 現代小説へ 人気blogランキングへ
「俊足」5 ハキダメにつる/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる