ハキダメにつる

アクセスカウンタ

zoom RSS 「俊足」4

<<   作成日時 : 2008/03/10 20:52   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 10

画像











「俊足」4
 圭太とおじいちゃんが家に着くと、ベランダの洗濯物をとりこんだお母さんがちょうど部屋に入ってくるところだった。
 いつものお母さんなら、圭太の顔を見るなり、学校のお便りを出せだの、給食当番の袋は持ち帰ったのかだの、誰と遊びに行くのかだのと口うるさく話しかけてくる。なのに二人を見て「おかえりなさい」と言っただけだった。
 だから圭太の方から話しかける。

「ねえねえ、お母さん。あれどこだっけ。あれあれ。お別れ会でオレが当たったスパイクの紐。机ンとこに置いといたあれだよ。どうせすぐ失くすからって、お母さんが、どこかにしまったやつ。どこ。出してよ、早く。おじいちゃんに買って貰ったシューズにいるんだ」

 お母さんは圭太の頭越しに言った。

「お義父さん、お出かけになるなら、なるってメモくらい残しておいてください」

 まずい――ようやく気づいておじいちゃんを振り返る。

「ああ、うっかりした。洗濯物を忘れてた」

 お母さんとお姉ちゃんの下着以外は、おじいちゃんが洗濯物の係だ。何かさせてくれと言うのでそういうことになっていた。おじいちゃんは洗濯がうまい。いつだって圭太たちのソックスはまっ白だ。

「洗濯物のことを言ってるんじゃありません。いてくださると言うから、こっちだって圭太一人の留守番じゃないって、仕事に行けるんです。なのに、帰ったら鍵はかけてない、圭太はいない、お義父さんはいらっしゃらない、洗濯物は取り込んでない、回覧板は回してない――」回覧板関係ない。

 お姉ちゃんが帰ってきてパタンと自分の部屋に入った。お母さんがこうなると止まらないのを知っている。知らんふりを決め込むつもりだ。

「――でしょう。何かあったと思うじゃないですか。一人でやきもきしてるこっちがバカみたいでした。まさか二人で呑気(のんき)に靴を買いに行ってるなんて知りませんからね。それに圭太がずいぶんと調子に乗ってるようですが、靴を買うなんて、いつ決まったんですか? 誰が決めたんですか?」

 ああ、サイズじゃなくそっちか、と圭太は合点する。そこのところは、おじいちゃんが説明してくれるはずだ。

「それは」

「うちはね、靴の一足も買えないほど、子どもに不自由させてないつもりです。ええ、お義父さんから毎月預かるお金もございます。必要とあれば買いますよ。買えないわけじゃありません。ただ、買ったばかりの靴があるから贅沢(ぜいたく)だと言ったんです。いちいち子どもの思う通りにはならないよっていうことを教えてるつもりなんです。親がそう躾(しつけ)てるのに、横からこんなマネされたら、無理を言えば無理が通ると子どもの頭に刷り込まれます。どうして、買う前に私に言ってくださらないんですか」

「だから――」おじいちゃんが言おうとする。

「だからなんです? 圭太が泣いたんですか? 泣くほど欲しがったとでも言うんですか? そんなに欲しけりゃこっちだって考えないわけないじゃないですかっ」

 お母さんは一人で勝手にヒートアップした。疲れていたんだろう。もともと悪い人なんかじゃない。どこにも行きようがないおじいちゃんを、このマンションに迎えた人だ。

「申し訳ない」

 おじいちゃんはお母さんに頭を下げた。圭太にしてみれば、『そ、そんな!?』まだ何も言ってないじゃないか。

 いつまでも頭(こうべ)を垂れるおじいちゃんを残して、バサッとソファに洗濯物を置いたお母さんはキッチンに立った。おじいちゃんは黙って洗濯物をたたみ始める。

 おじいちゃんの不甲斐なさにも軽く驚いた圭太だが、もっと驚いたのは、お母さんがそれ以上何も言わなかったことだ。ああなったらいつもは止まらない。昨日だって、些細(ささい)なことから始まったお姉ちゃんとの口喧嘩が、小一時間も続いた。それがどうだ。たったその一言で止んだ。

 圭太は五年生で、口撃に最も有効な守備を学習する。




<つづく><おわり>

つる「あっ!何すんだよ!」
担当編集者「だって四回で終わりでしょう?そう言ったじゃないですか」
つる「続くんだよ、やめてよ!」

<つづく>
担「ああっ!何だってそう嘘つくかな」
<おわり>
つる「しょうがないぢゃないか。だって長いと読むのが億劫なんだもの」
担「じゃ、短く書けばいいじゃないですか」
つる「書いてるよ。これでも随分と削ってるんだ。泣く泣くだよ」
担「本当かなあ」
つる「ほんとだよ」
担「で?あとどんくらい続くんです」
つる「全部で七回。七とか、なんか縁起いくねぇ?」
担「縁起とかいいですから。ほんと頼みますよ」

<つづく>

 ほんと頼みます。あと三回おつき合いください。

 今日のBGM→クリック。DISCO PLAYS LUPIN

 年齢を問わず読んでいただきたくてお目障(めざわり)かもしれませんが読み仮名を付けます。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
あと三回と言わず、一年くらい続く超長期連載でも良いですよ。

圭太は一つ学習しましたね。

何だかラーメンズのネタを思い出しましたよ。正しい土下座の仕方を教える奴なんですが、取り敢えず折り目正しく頭を下げておいて、最後に相手が見えなくなったら地面へ唾を吐き掛けましょうと言う奴。
http://jp.youtube.com/watch?v=xEBZgLnyQb4

URL
2008/03/10 21:56
待ちかねましたよ、つるさん。
お母さんの小言、可笑しい!リアルに可笑しい!
だんだんテンションが上がっていくんですよね。ここにお父さんがいたら「あなたも、あなたよ!」と、とばっちりを喰らったんでしょうね。
おじいちゃんはの切り返しもスゴイ。伊達に人生経験積んでいませんねぇ(笑)
これ、面白くて好きなので、私もぜひぜひ続けてほしいです♪
ia.
URL
2008/03/10 22:11
おじいちゃんしっかり!
でも黙っているのも作戦かな。
買った靴はどうなるんでしょ?
私なら『今すぐ返してきなさ〜い!』

つるさん、まだまだ続くでもOKよ♪

2008/03/10 22:41
鯨さん、いつもありがとう。一年とか言ってくださってお世辞でも嬉しいです。でも、前に経験したんだけど、あんまり長いと文章のトーンが変わってきちゃうんですよね。それも成長なのか。長いのは書きダメしてからだな。
>ラーメンズ
これ最高!知らなかった。真面目にやればやるほど、面白い。英語でも言ってるけど、外国の人もこういうの、面白がるんだろうか。ありがとう。お笑い大好きなんです。
つる
2008/03/11 00:13
待っててくださった?嬉しいな、ありがとう、ia.さん。
このお母さんはわたしなんですよ。すぐ書けそうだったから後回しにしてました。だけどどうでしょう。こういういやなシーンは書きたくないんですね。やっとです。やっといやいや書きました。さあ、ここからは、わたしの好きなシーンばかりです。
>お父さん
うん。いなくて良かった。運動会で出て来ます。
>おじいちゃん
あんまりキャラたってないね。ふつうを強調するには他のキャラをもっと強烈にした方がいいんだろうか。
つる
2008/03/11 00:22
舞さん、いつもありがとう。
おじいちゃんね、情けないね。でも余計な言い訳しないで、責任をかぶる人って好きなんです。
買った靴はね。そのままなんだよ。お母さんもセリフン中で言ってますもん。買ってやんないつーとは言ってないでしょ!って。そうは言ってないか。書いたそばから忘れてるぞ、おい。
月・水・金・日で更新予定です。見てね。
つる
2008/03/11 00:28
多くを語らないじいさん。なんかいいぞ。僕の書いた修造とは大違いだ(笑)オカン怖いよー。いつもはもっと怖いのかよー(;´Д`)今回はとてもスムーズな展開できてますね。今後に期待大!
レイバック
URL
2008/03/12 20:52
おじいちゃん、あっけなく引き下がりましたね。
これは経験のなせる技ですね。

お母さんが買ってきた靴に気付くシーンはあえてパスなのかな?
銀河系一朗
URL
2008/03/12 22:18
レイバックさん、いつもありがとう。
修造じいさん、良かったよ。あの一話ですごくよく彼のキャラがわかるもの。
怖いオカンはだめなんだ。ふうん。でもすぐ慣れるよ。うちなんてBGMだもの。
今後に期待かぁ。最後に見てほしいところがあるんです。今のところ圭太寄りできてるんだけど、ラストは描写中心でいってみたのね。なんか彼から離れすぎた感じがするんです。距離感がむずかしいよ。
つる
2008/03/13 01:18
銀河系一朗さん、いつもありがとう。
おじいちゃんは、置いてもらってる身ですからね。そんな感じです。それに昔の人だし。
お母さんは、圭太がおじいちゃんに買って貰った靴に気付いてますよ。それを見たから「呑気に靴を買いに行ってるなんて知りませんからね」と言ってます。ちょっとわかりずらかったかな。あとで見直してみます。
あ?サイズのこと?めんどいからパス。それにそこにこだわってたら、筆力ないから脱線しそう。前記事の最後の一行消しちゃおうかしら。ふふ。
つる
2008/03/13 01:36

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
にほんブログ村 小説ブログ 現代小説へ 人気blogランキングへ
「俊足」4 ハキダメにつる/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる