ハキダメにつる

アクセスカウンタ

zoom RSS 読書感想文/傷ついた心

<<   作成日時 : 2007/09/08 21:02   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 10

傷ついた心
担当編集者「mimiさんが心配されてますよ。」

つる「なにを?」

担「先生がテーマ『50代以上のblog』を抜けたことを」

つる「ああ。コメいれたよ。」

担「嘘です。あれはお体裁でしょう。この際、本当の理由を話してくれませんか?」

つる「ああ。」

担「先生!腹を割って綴らなければ真のブロガーと言えますか?え?」」

つる「仕方ないね。じゃ話そう。」

担「ええ、お願いします。」

つる「つまりだ。『50代以上のblog』の人たちは皆そこそこ、人生の経験者だよね。」

担「ええ、そうですね。」

つる「ご近所づきあいもするし、盆暮れの親戚づきあいもする。」

担「ええ、まあ。」

つる「いただきものがあればお礼状のひとつやふたつ書いて相手に気持ちを伝えるよね。」

担「何がいいたいんですか。まわりくどいんだな、もう。」

つる「つまり、そういう良識のある人たちからアクセスがあって、え〜と、なんだっけ?読むだけの人、」

担「ロム専ですか?」

つる「そう、それ。コメがつかないってどういうことだと思う?」

担「めんどいんじゃないんですか?」

つる「違うよ。」

担「じゃなんです。」

つる「面白くないからだよ。記事がつまんないからだよ。それしかないぢゃないか。

担「また、ずいぶんとネガティヴな・・ん〜まぁ確かによほど面白ければコメつけたくなりますけど、いちがいにそう言えるのかなぁ、どうなんだろ。」

つる「どうもこうもないよ。傷ついたよ。」

担「で・逃げたんだ。」

つる「そうだよ。」

担「でも他のテーマだってコメなかったらどうなんです?傷つきませんか?」

つる「いんだよ。もしかしたら小学生のチビッコかもしれないじゃん。」

担「思いっきりポジティブですね。」

つる「うん!」





ぢゃワザとですワザと/誤字ぢゃありませんて


人気blogランキングへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
私の見解です
コメが付くのは、コメをマメに書きに行くからなんですよ
さして面白くもないF子さんのブログでもF子さんがせっせとコメ書きに回ったからみんなお返しに来てるだけなのですよ(F子さんには内緒)
でも、時々ネタ切れの時なんかは・・コメの存在が疎ましくなる事も、まぁ無いとは言えませんね(^^)
こんな記事書いたら、皆さんコメに困るだろうな・・・なんてことまで考えてしまい余計に疲れるし、コメを意識して余計,
プレッシャーってこともありますから・・
コメが沢山つけば嬉しいには違いありませんが、無ければ気になるし・・いっそのことコメなんて無いほうがさっぱりしてるかな、気が楽かな・・(なんて)
私が今度もしもう一つブログ書くとしたら(仮の話です)
コメを受付無いものもいいかななどと・・(笑)
mimi
2007/09/08 21:21
それと、私的には”50才以上のブログ”のほうが、見てもらえるチャンスは多いような気がしています・・
50才以上のブログはその(テーマ)新着表示のページに時間的に長く表示されているので・・”ひとりごと”とか”雑記”になんて表示されても記事が多いから、すぐに消えてしまってます・・
mimi
2007/09/08 21:27
mimiさん
迅速な対応をくださってありがとう。
2番めのコメには「へええ」という感じです。すぐ消えちゃうんだ、皆そんなふうに考えてエントリーするんだって目からウロコです。
コメはね、ほんとに共感した時にしか残さないタイプなので、逆に貰う時もそのほうがいいんです。
共感してくださったらコメ返しも楽しいから。
まあシャレだと思ってください。なにせテーマ『小説』でエントリーしてますんで、なんでもネタにしたいのです。
つる
2007/09/08 22:49
こんばんは。突然ですが,いつも読んでいて思いますが,F子さんとmimiさんは同一人物
ですよね???
本栖子
2007/09/08 22:58
ここはつるさんのブログですが私がお答えします
「YES」とお答えしておきます・・・
皆さん二つ以上のブログを作るとなると、全くの別の人になっているようですが・・私は不器用で・・(^-^)テヘ
mimi
2007/09/08 23:36
つるさん,申し訳ありませんでした。私自身もブログを開設してみたいと思い,参考にさせていただいています。開設できましたら是非遊びに来て下さい。
本栖子
2007/09/08 23:49
本栖子さん
いえいえ、こちらこそです。
わたしがブログを開設して間もない頃コメントくださったことありましたね。
あの時のことは今でも嬉しく忘れていません。
遊びに行きます。約束します。
つる
2007/09/09 01:17
mimiさん
どうもありがとう。
これでいつかのF子さんからのメールが自身への叱咤激励だと理解しました。
つる
2007/09/09 01:19
たしかにコメントの有無で
一喜一憂する部分もありますよね。
あまり考えないようにはしていますが、
コメが無くても読んでくれてる人は居る。と、
なるべく前向きに考えるようにはしています。
レイバック
URL
2007/09/09 01:20
レイバックさん
>コメが無くても読んでくれてる人は居る。と、なるべく前向きに考えるようにはしています。
それは心が広いからだと思います。こんばんは。
わたしは限りなく「冬ソナ」でいうところのエ〜なんでしたっけ?(←更年期真っ最中)そう!チェリンですので気分が乗らない時は意地悪く「覗き見」されてるように思います。心せまっ!
読ませる力があればいいのです。がんばるだけです。
来てくださってありがとう。
つる
2007/09/09 02:31

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
にほんブログ村 小説ブログ 現代小説へ 人気blogランキングへ
読書感想文/傷ついた心 ハキダメにつる/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる