ハキダメにつる

アクセスカウンタ

zoom RSS 「理想の高校生」文化祭1/メガネ男子

<<   作成日時 : 2007/09/01 11:28   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 10

画像







photo by 伊豆の海と海岸に咲く花

メガネ男子

「行くからね。」

 さと子はいそいそと出かけるパー3号に声をかける。さと子の3番目の子だ。
 今日はパー3号の通うポンポコリン高校の文化祭なのだ。

「来たら殺す。」
 吐き捨てるように殺人宣告を告げた3号は弁当を持って飛びだす。豪華秋色満載弁当だ。

 それでも幼稚園の頃はかわいかった。
「絶対に絶対に絶対にぜぇっ〜たいっに来てねっ。」
 が、小学校になると
「え〜来んの?」
 になり、中学校では
「来なくていいよ。」
 になり、とうとう本日さと子は殺される模様。年金支給まで生きられなかった。

 さと子は朝の珈琲をセットするとTVの前の指定席に陣取った。
 そして、いつものように妄想の世界へワープする。

 そう。私には理想の高校生がいる。通称おにいちゃん。

 おにいちゃんの名前は松本直毅。




 もうすぐナンジャラホイ高校の文化祭だ。

 2年1組の出しものがクラス会で決まった。1組には直毅とじゅんぺいと長谷川君がいる。

 直毅がサッカー部の早朝練習でうたた寝をしている間に出し物は「白雪姫」に決まった。

 起きたら「白雪姫」になっていた。

「寝顔がかわいいから決めた。」そう女子から言われた。

「ええっ?」だ。

 確かに見せられた絵本の白雪姫は眠っている。百姓女のなりをしたお妃(きさき)に毒リンゴを盛られたからだ。だけど起きてる白雪姫にはセリフがある。

「マジ困る。マジできねえ。」

 と言ってはみたけれど文化祭実行委員の女子の反応は冷ややか。その視線は

「いまごろ何言ってんの。」だ。

黒板の板書き。

白雪姫      <Wキャスト>  大川慎平    松本直毅

王子        <Wキャスト>  宮川裕樹    長谷川誠

お后(おきさき) <Wキャスト>  川田祐太    伊藤  隼             

鏡        佐々木
猟師      加 藤   
    
小人1     吉田    小人2     斉藤     
              
小人3     向井    小人4     沢田   

小人5     吉岡    小人6     鈴木

小人7     井出

 出演は全員男子の模様。女子は全員が裏方。

「あきらめな。」

 なんだかじゅんぺいは楽しそうだ。長谷川君もどっちでもいいような態度で笑っている。そりゃ二人はいいさ。女役ではないんだもの。

「あのお〜」

 今一度、往生際(おうじょうぎわ)悪く何か言おうと立ち上がる直毅。文化祭実行委員長の大トトロいや、林さんはその黒目がちな瞳をじぃーっとくれてよこした。
 直毅はこの“じぃーっ”に弱い。そのまま座った。

 まあWキャストならなんとかなるかもしれない。当日は発熱することを心から願った。





 部活の帰りのことだった。

 当然の権利のようにに直毅はメガネチェーン店の前のメガネ無料超音波洗浄をする。ふと店頭にディスプレイされた薄い黄色の入った縁なしのメガネを掛けてみた。

 じつは夏にじゅんぺいから、メガネについて言われたことが少しだけ引っかかっていた。

『メガネないほうがいくなくね?』

 それに親父にも“ヤクルト時代の古田”のお墨付きをいただいた。
 自分でもハリポタみたいだと思う。直毅の顔に対してメガネが大きすぎるのだ。

 でもこれは直毅の敬愛する従兄からもらった大事なメガネだ。従兄というのは直毅のおとうさんのお姉さんの子で名前は友也という。直毅は毎夏になると伯母の家に泊まりに行った。





 友也兄ちゃんはセミを取るのがうまかった。長い竿の端に針金の輪っかを付けて、それに幾枚ものクモの巣を重ねる。クモの巣の粘着力でセミの羽にそっと触れただけでセミはいとも簡単に捕獲できた。
 彼は毎朝新しく張られるクモの巣の場所とセミがたくさんいる木を直毅によく教えてくれたものだった。

 その友也兄ちゃんが大学受験で上京した折に忘れていったメガネ。もういらないというからもらった。前のが壊れて度数が合ったから使用している。

 親戚中の期待を一心に背負った友也兄ちゃんは東大からハーバード大に進み、そのまま行方不明になった。今、地球上のどこかにいる。それが2年前の話だ。伯母さんはそのまま寝込んだ。今も寝たり起きたりだ。





 友也兄ちゃんの“生きかた”の足元にも及ばないが、こうしてメガネをかけていると直毅は少し賢くなったような気がする。
 もともとオサレに関心はないが、それでも多少は、お年頃になってきたようだ。

 佐藤さんのことがよぎった。

 別に二人の仲をどうこうなんて思いもしないのだけれど、新学期になって廊下ですれ違うと以前とは違う二人だ。

 彼女は8組。ご近所の主婦じゃないから立ち話はしない。でも夏のプールの一件以来、お互いに視線が合えば『ああ。』という感じだ。そんな時、佐藤さんは1年の時の窓際で見せる不機嫌な顔ではなく、懐かしい人に会ったような笑顔を見せる。

 でもって、佐藤さんに会えた日は、

(今日、来てるんだ。)

 と思う。それだけだ。




 それはともかく、二つ目のメガネを掛けた時だった。

カシャカシャカシャ   カシャカシャカシャ

というような連続音と共に、直毅の真横に黒いスーツを着た女性が立っていた。
彼女のやや後方には大きなレンズを装着したカメラを持った男性が控えている。

固まっている直毅にその女性は言った。

「こんにちは。どこの高校かな。ちょっと教えてくれる。」

 補導?いきなりだったのでアドリブがきかなかった。

「ナンジャラホイ高校です。」

 バカ正直に答えてしまった。

「それじゃあ、お名前を聞かせてくれるかな。」

カシャカシャカシャ  カシャカシャカシャ

「よ・よしだ・・・吉田龍之介です。」

 校長先生の名前である。

 写真だけでなく指紋も取られる前に直毅は荷物もそこそこに、その場からダッシュで走り去った。







 それにしても今日は何てついてない日なんだと思う。

(白雪姫にはなるし、あやうく補導だし、佐藤にも会ってねえ。)  

<つづく>




ハリポタハリー・ポッター
オサレおしゃれ



説明も野暮なんですが年齢を問わず読んでもらいたくて補足します。お目障(めざわり)かもしれませんが読み仮名もつけます。



<連載です。>
友也兄ちゃんところの記載がつまんないので少し変えました。2007/09/01 15:35


人気blogランキングへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
白雪姫ですか
うちの息子の幼稚園の卒園の時に、父兄(といっても母親)で、出し物をすることになって・・それが白雪姫で私が台本とか、構想を書いたことがありました・・
(といってもそんなにたいそうなものではないですが・・)
「来たら殺す」うちでもそんなこと言ってた頃あったな・・(笑)
mimi
2007/09/01 21:47
男子の演じる白雪姫、見ちゃったんです。
シンデレラを演じた男の子も知ってます。なんか流行?

>「来たら殺す」うちでもそんなこと言ってた頃あったな・・(笑)
言わせませんよ。返り討ちにしてやります。ははは。
つる
2007/09/02 21:51
楽しいなぁ。冒頭でつかみはOKな感じ。
いつもサービス精神アッパレです。
火群
2007/09/03 02:39
おっ。メガネ男子〜。><
てなわけで初コメです。
てか、文章書くのお上手ですね〜。僕も参考にさせてもらいまSU!
小屋
URL
2007/09/03 04:10
火群さん
嬉しいなあ。なにより嬉しい。
“つかみ”っていうんだ。

また気づいたところをコメくださると励みになります。
読みづらい箇所の指摘なんかも嬉しいのだけれど、皆さん優しいのでなかなか言っていただけません。
このあと登場人物の紹介なんかで面白くなくなる予定。

ほんと、うまくなりたいです。
来てくださってありがとう。
つる
2007/09/03 20:42
小屋たん
来てくれたのですね。ありがとう。

小屋たんは“小人6”で登場予定。準備はOK?

それから
「くそがぁぁぁぁぁ!!! 」
を、くださいますか?
是非、使ってみたいのです。
つる
2007/09/03 20:53
えっ!僕みたいな便所虫も出して頂けるんですか!?こりゃ期待ししちゃいますよーw
自分の言葉に所有観念一切持っておりませんので、コピペなり引用なりくそがぁなりおかまいなく!b
小屋
2007/09/04 03:08
あざーす。
遠慮なくいただきます。

小屋たんのキャラ模索中。
違っていたらごめんなさいです。
登場はもうすこぉ〜し先になります。
つる
2007/09/04 21:00
オススメに従いこちらへ出没。
女子が裏方で、男子が白雪姫ですか。
流行なんですか?.?

もっとも物語としては大変面白いです。
次が楽しみです。
銀河系一朗
URL
2007/11/05 23:53
銀河系一朗さん
わ!来てくださったんですね。ちょっと緊張。
一朗さんの足元に及ぶべくもないへたくその文章ですが、頑張ってギャグ効かしてますんで宜しくです。
男女逆転の発想けっこうあるようです。↑にも書いてあるのですが、この目で見ました。わたしは無から有は生み出せません。生活の中で小ネタを拾って膨らますタイプです。そうそう、ウチに来てくださる方のコメは面白いです。本文が拙い分、いただくコメと抱き合わせで、いっちょまえのブログになってます。連載読んでくださると嬉しいな。
つる
2007/11/06 00:50

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
にほんブログ村 小説ブログ 現代小説へ 人気blogランキングへ
「理想の高校生」文化祭1/メガネ男子 ハキダメにつる/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる