ハキダメにつる

アクセスカウンタ

zoom RSS 「理想の高校生」おにいちゃんの夏〜後編

<<   作成日時 : 2007/08/14 22:22   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

画像








photo byのんびり猫さん

おにいちゃんの夏〜後編
直毅とじゅんぺいの二人は売店のおじさんがこしらえてくれた焼きそばをがっついている。
ひとり3人前ずつもらってきた。おじさんは若い人が大好きだ。こっそりウィンクして売り物の焼きそばを二人によこした。
なにせ成長期。なにせサッカー部。今夏は監督から敵にあたり負けしないようにと上半身の強化を求められている。だから腹が減って仕方がない。


「すいませぇ〜ん。すいませぇ〜ん。」

とおずおず声をかける者がいた。見るとスクール水着の小学生くらいの男の子だ。
二人のオレンジ色のスタッフTシャツを見て声をかけてきたようだ。

「なんだ。小僧。」

とじゅんぺい。
黙る小学生。声をかける相手を間違ったかと戸惑う小学生。すでに泣きそう。

「どうした。」

と直毅。

「あのォ。」

「うん?」

「自転車の鍵を・・ロッカーの鍵につけといた自転車の鍵を」

「落としたのか?」

コクンと頷く小学生。

「小僧。オレらはいまお食事中なんよ。」

とじゅんぺい。ちびりそうな顔の小学生を見てニヤっと笑った彼は言った。

「すぐ食っちまうから待ってな。」



聞けば小学生の名はヒカル。4年生である。
『超〜コワイお姉ちゃん』と一緒に来たそうだ。
鍵を失くしたなんて知られたら『コロサレル』らしい。

失くしたというちびっこプールに着いた。
今日もカンカンの真夏日。
直径6メートルほどのプールは小学生以下のちびっことおむつ軍団とその保護者で満員御礼だ。
水深は膝下くらいしかないのだがこう混み合っていたのでは探しようもない。

「おし!」

と言ってじゅんぺいと直毅はスタッフTシャツをおもむろに脱ぎだした。
二人のすぐそばにいた森三中みたいなママは二人の縄みたいな小さな海パン姿を見てこどもと一緒にプールの中に尻もちをついた。あわわ。

二人は目で示し合わして頷いた。
やおら

「わあぁあああああああああっ!漏れるぅううううっ!」

と言ってじゅんぺいは時計回りに直毅は反時計回りにプールサイドを走り出した。
じゅんぺいは股間に手をやったりして芸達者だ。直毅も悲壮感漂わせオーバーに両手をグルグルと回す。
先日投稿動画サイト『You Tubu』を見て機会あらばやってみたかったいたずらだ。
 
「漏れるっ!漏れるぅうううぅっ!」 

なんだなんだと気がついた人がぽつりぽつりと二人を見る。

やがて3周ほどして半分ほどの人が気がつき始めた頃合いを見計らって二人はプールに飛び出した。
ヌッルー!水深が浅い分プールの水温が上がってしまっている。
しかもクッサー!
おむつがとれたかとれないかのちびっこたちのおしっこの臭いだ。

プールの中央まで進むと二人はテディ・ベアのようにばしゃんと派手に座り込んだ。

「あ゛ーーーーーーーーーーっ!」

と言って空を見上げ、しばし静止した。
じゅんぺいなんてそのあと体をプルプルッなんてしてる。
もうそばにいた想像力豊かなママたち何人かは顔をしかめてこどもの手を引いてプールからあがりだした。
それを見ていたまた何人かのママたちが訳もわからずあがりだした。
するとどうだろう。釣られて我も我もとあがりだしパニック。最後はさながら『ジョーズ』でもやって来たかのごとく悲鳴と泣き声と共にあっちゅうまにちびっこプールはそして誰もいなくなった。

「ヒカル!」

直毅に呼ばれてヒカルはちびっこプールにおそるおそる足を踏み入れた。
この間に探せということだろう。
二人がぷかりぷかりと浮かんでいるうちにほどなくして

「あった!」

とヒカルが声をあげた。

意気揚々と引き揚げてくる三人に周囲の目は厳しい。
だが誰もクレームをつけてくる者はいなかった。
そりゃそうだ。
17歳の二人は塩素焼けした茶髪に鍛えられたブロンズ像のような体と真っ白な歯を持っていた。
その濡れた髪をぷるんと振って北島康介みたいに水抜きする。

ちょっとお腹がでちゃったおとうさんや森三中みたいなママたちは恐れ多くて近づけないだろう。

そう。二人はかっこよすぎた。

飯沼さんというめちゃめちゃかっこいい監視員bPの前にbQbRの二人はまったく霞んでいたが飯沼さんがいないところではだんとつに目立つ。
二人をそのまま認めちゃったママたちの中には腰が立たなくなる者もあった。

そう。戦闘ヒーローものにこどもより夢中になるママたちのように。

あとで常勤施設員からネチネチと絞られたことは言うまでもない。電話でチクった奴がいるらしい。
まあその話は省こう。メンドイ
ヒカルは喜んで帰っていった。

「ちびっこプールに小学生は入れないんだよ。」

と監視員らしく付け加えるのを直毅は忘れなかった。




アルバイトを終えて二人が通用門に向かうと

「あっ!佐藤だ。」

とじゅんぺいが言った。
自転車置場のそばにマトリューシカのように順番に背の違った小学生らしきクソガキ5人とひとりの少女が立っていた。
直毅はメガネを中指で押し上げて目をこらすけれども制服を着て髪をひとつに結わえているいつもの佐藤さんとは様子が違うようだ。

佐藤さんは肩のところが紐になっている白いワンピースを着ていた。髪をセンター分けにしておろしている。まるでデヴュー当時の浅野温子フルッまるでヤンクミこと仲間由紀恵。すっくとした立ち姿は意思の強さを思わせる美少女ぶりだった。

「松本君!」

直毅を見つけてかける声はヤンクミのような空気がどこかで漏れてるようなそれではない。もっと透き通った声だ。
まっすぐと直毅の前にクソガキともども風のように駆け出して来てはずむ息で、

「さっきは弟がどうもありがとう!」

と言う。
ああヒカルは佐藤の弟だったのかと直毅とじゅんぺいは合点(がてん)がいくがじゅんぺいは、

「ええ〜っ?」

だ。松本君だけ?
お礼を言われて直毅は、

「ああ。うん。」

と言ったきり。お互いがお互いに何か言うかと待ってるうち二人は、じぃーっと見つめ合ってしまった。まるで「WEST SIDE STORY」のトニーとマリア。
当然その他大勢のじゅんぺいとクソガキ5人は風景と共にフェイドアウトする。

沈黙に耐えられなくなった二人はどちらからともなく視線を落とし互いの足元を見つめるばかり。じれったい。



セミの鳴き声がいっそう高まった。



やがて佐藤さんはクスクスと楽しそうに笑って直毅を見上げた。

ああ佐藤ってこんなふうに笑うんだ。

なに?というふうに直毅が首をかしげると佐藤さんは黙って直毅のシャワーサンダルを履いた足を指す。
直毅の足はプールでフヤケテ梅干しみたいだった。

「あはは。」

直毅が恥ずかしそうに笑う。

それを見て佐藤さんはひまわりの花が咲いたようにぱあっと笑った。





「じゃ。」

と言って佐藤さんはくるっと向きを変えてスカートをひるがえした。
真っ白な綿の表地とポリエステルの裏地の2枚がふわっと舞ってまるで白い蝶が飛び立ったようだ。カチッ。

はい!恋のスイッチはいりました。

遠くなる佐藤さんはクソガキたちに冷やかされてでもいるのだろうか。やいのやいの騒ぎながらクソガキたちに拳骨とキックをお見舞いしている。

でももはや直毅の視野にそれらは映らない。
佐藤さんの満面の笑顔を千匹くらいの白い蝶がフワフワと縁(ふち)どっている。そして彼女は透き通った声でいつまでもいつまでも繰り返している。



「松本君。」

「松本君。」

「松本君。」

「松本君。」

「松本君。」

「松本君。」 



 

                                         <おわり>





森三中ちょっと太目のお笑い芸人3人組

マトリューシカ入れ子式になっているロシアのお人形で大きいのからだんだん小さくなっていきます

ヤンクミドラマ『ゴクセン』で仲間由紀恵演じる正義感あふれる熱血教師




説明は野暮なんですけど年齢を問わず読んでもらえたらと思い付け足してみました。

10/14記述の変更「大輪の花」→「ひまわり」





人気blogランキングへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
初恋の瞬間ですね。!!
そんな時代もあった様な・・・・(笑)
のんびり猫
2007/08/14 23:57
わ・のんびり猫さん 
さっそくのご訪問ありがとうございます。
のんびり猫さんの画像で夏らしい物語が書きたくなったのです。
だいたいおばさんになってコイバナなんてずうずうしいにもほどがあるというものです。

瑞瑞しい気持ちは旬の人でなければわかりません。
でもちょっと無理してみましたよ。
つる
2007/08/15 00:43
おばさんだなんて・・つるさん、そんなこと(笑)

いいですね・・この感性・・私は好きです(^-^)V
最後に注釈が付いてるところが、またいいです・・
更新楽しみです・・プレッシャーなんていわないで頑張ってくださいね(笑)

mimi
2007/08/15 09:07
mimiさん 
ほめすぎ!居心地が悪くなってきました。なにしろけなされて伸びるタイプなものですから。あまのじゃくなんです。
でもいつもそんなふうに言ってくださってありがとう。
mimiさんのプログ雰囲気変わりましたね。新鮮です。
つる
2007/08/15 18:24
さわやかですねぇ。
ウォーターボーイズ的な
バカなかわいさがいいですね^^
よく市民プールに通ってた、
中学生時代を思い出しました。
レイバック
2007/08/29 21:36
う〜ん。あのかっこいい中学生はレイバックさんだったのかあ。こんばんは。
市民プールで女っ気なしのボーイズもそれはそれで又、楽しそうで見ていて微笑ますぃ〜です。
つる
2007/08/29 23:50

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
にほんブログ村 小説ブログ 現代小説へ 人気blogランキングへ
「理想の高校生」おにいちゃんの夏〜後編 ハキダメにつる/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる